Results 1 to 18 of 18
  1. #1
    W4A1 143 43CK? Nbadan's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Nov 2001
    Post Count
    32,408
    No serious discussion about the future of crypto can begin without discussing what happened to stablecoins during 2022 and the big question surrounding cryto....are stablecoins stable?

    What Are Stablecoins?

    In cryptoland, stablecoins come in several flavors. But as the name suggests, a stablecoin aims to provide a “safe” digital asset that maintains a stable valuation.

    Here’s how stablecoins work. Their value is pegged to the price of another asset, most commonly a fiat currency like the U.S. dollar. The goal is for the stablecoin to maintain the same value as its peg.

    With a dollar peg, one stablecoin should always be valued at one dollar, no matter what’s happening elsewhere in the market.

    Today, the stablecoin Tether (USDT) is the third largest cryptocurrency by market cap. Both USDT and its fellow stablecoin USD Coin (USDC) are pegged to the U.S. dollar. When you buy $10 of USDT, you expect it to be worth $10 tomorrow and $10 one year from now.

    How Does TerraUSD Work?

    TerraUSD is an entirely different beast than Tether or USD Coin. It’s an “algorithmic stablecoin,” backed by nothing more than the magic of computer code.

    With an algorithmic stablecoin, a computer program maintains the crypto’s supply. Once you understand that there’s nothing but code backing up the likes of UST, you begin to see how things could have gone south so quickly.

    So let’s dive into the whole mess of TerraUSD, which plunged as low as $0.23, far below its $1 peg. Crypto experts say the mechanisms behind TerraUSD were fundamentally flawed from the get-go.

    In the TerraUSD system, a special crypto token called LUNA is used to help UST hold its 1-to-1 peg value with the U.S. dollar.

    “This whole system is entirely broken because it rests on a speculative asset—LUNA—to be the collateral,” says Colin Aulds, founder of cryptocurrency storage company Privacy Pros. “The problem is that LUNA was created for the purpose of being collateral simply because the Terra ecosystem needed collateral.”

    There was little that was stable, so to speak, behind this stablecoin other than its programmatic language.

    Why Is Terra (LUNA) Crashing?

    LUNA was meant to buffer TerraUSD against market volatility, but it suc bed to extreme selling over recent days. Its trading price was knocked down to $0.03, last week. That’s down 99.9% since May 6.

    “It was inevitable Terra crashed as the reliance on using other cryptocurrencies as collateral as well as the minting/burning mechanism of LUNA for Terra was not sufficient to survive any serious market volatility,” says Adam Carlton, CEO of crypto wallet PinkPanda says.

    In a bid to save TerraUSD, the Luna Foundation Guard (LFG), the nonprofit that supports the Terra network, depleted its entire reserve of $3 billion in Bitcoin. And it was the fund’s dumping of its Bitcoin reserves in a last-ditch effort to save UST that probably helped contribute to Bitcoin’s volatility.


    Will the Crypto Market Recover?

    While the sun may be setting on TerraUSD, it’s not all doom and gloom for the future of the crypto market.

    Ric Edelman, founder of the Digital Assets Council of Financial Professionals and the author of “The Truth About Crypto,” says what happened this week was contagion.

    “During periods of panic, people sell indiscriminately,” Edelman says. “Soon, smart investors realize that’s silly, and they recognize that a big buying opportunity exists.”

    Edelman expects a swift recovery in Bitcoin and Ethereum prices. In his opinion, too many people bought into TerraUSD without considering how the system actually worked, making the current situation all but inevitable.

    What’s the Future of Stablecoins?


    With the implosion of TerraUSD, other stablecoins are under a microscope, particularly Tether. Remember, USDT is supposed to be backed by holdings of U.S. dollars—and as of writing, USDT has a market cap of $82 billion.

    Skeptics allege that the organization that runs Tether does not have $82 billion backing up its coin.

    Last week, the market tested this thesis. USDT dipped to $0.97, briefly losing its peg to the U.S. dollar. It has since rebounded to parity, but its future health is now in question.

    Crypto market participants expect a degree of slippage—one USDT is likely to be valued very slightly less than one dollar—as one stablecoin is riskier than one dollar. But it doesn’t take very many pennies off the peg to vaporize market confidence for a stablecoin.

    The market is clearly showing us that collateralized stablecoins are the future,” says Andrew Pesco, head of investment management at Domain Money.

    Collateralized stablecoins like USD Coin (USDC) have proven to be resilient this week. Despite the messy week, USDC is still trading at $1, and it even experienced a high of $1.13.


    Carlton says, “Despite all the harm done by the Terra foundation’s reckless approach to stablecoins, we will see the industry step up and create even more resilience in the markets.”

    More Stablecoin Regulation to Come

    The unwinding of TerraUSD caught the attention of U.S. Treasury Secretary Janet Yellen, who mentioned the possibility of stablecoin regulations after it was apparent that TerraUSD was in a meltdown and that a framework was needed to guard against the risks.

  2. #2
    W4A1 143 43CK? Nbadan's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Nov 2001
    Post Count
    32,408
    The market is clearly showing us that collateralized stablecoins are the future,” says Andrew Pesco, head of investment management at Domain Money.

    Collateralized stablecoins like USD Coin (USDC) have proven to be resilient this week. Despite the messy week, USDC is still trading at $1, and it even experienced a high of $1.13.
    that means that if you had $1k in USDC you could have made $130 for holding a stablecoin.

  3. #3
    W4A1 143 43CK? Nbadan's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Nov 2001
    Post Count
    32,408
    So collateralized stable coins are fairly stable....since they are backed by fiat money on a supposed 1 to 1 basis...

    so are these collateralized stable coins the future of money?

  4. #4
    Take the fcking keys away baseline bum's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Mar 2003
    Post Count
    93,883
    Stop spamming, no one gives a

  5. #5
    LMAO koriwhat's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Jan 2008
    Post Count
    38,031
    Stop spamming, no one gives a
    FACTS!

  6. #6
    W4A1 143 43CK? Nbadan's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Nov 2001
    Post Count
    32,408
    Stop spamming, no one gives a
    Pretty simple.....stay out of this forum or block me. Ive already blocked you

  7. #7
    W4A1 143 43CK? Nbadan's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Nov 2001
    Post Count
    32,408

  8. #8
    Take the fcking keys away baseline bum's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Mar 2003
    Post Count
    93,883
    Pretty simple.....stay out of this forum or block me. Ive already blocked you
    No one gives a . No one's posting here except to scoff crypto.

  9. #9
    W4A1 143 43CK? Nbadan's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Nov 2001
    Post Count
    32,408
    LOL crypto scammers
    lol fiat money scammers

  10. #10
    LMAO koriwhat's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Jan 2008
    Post Count
    38,031
    Says the dumb who has flooded this forum with his trash crypto threads like the dumb that you truly are Nbadan.

  11. #11
    Savvy Veteran spurraider21's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Apr 2012
    Post Count
    96,639
    Says the dumb who has flooded this forum with his trash crypto threads like the dumb that you truly are Nbadan.

  12. #12
    LMAO koriwhat's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Jan 2008
    Post Count
    38,031
    If I'm the worst person "you know" then you got serious mental issues.

  13. #13
    Savvy Veteran spurraider21's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Apr 2012
    Post Count
    96,639
    If I'm the worst person "you know" then you got serious mental issues.
    not the worst lol, dont worry

    just wanted to use the meme

  14. #14
    LMAO koriwhat's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Jan 2008
    Post Count
    38,031
    not the worst lol, dont worry

    just wanted to use the meme
    All good SR

  15. #15
    W4A1 143 43CK? Nbadan's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Nov 2001
    Post Count
    32,408
    you got the political forum to spread your lies...

  16. #16
    Take the fcking keys away baseline bum's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Mar 2003
    Post Count
    93,883
    それから歌舞伎座へいっしょに行ったのかい」と迷亭が要領を得んと云う顔付をして聞く。
    「行きたかったが四時を過ぎちゃ、這入はいれないと云う細君の意見なんだから仕方がない、やめにしたさ。も う十五分ばかり早く甘木先生が来てくれたら僕の義理も立つし、妻さいも満足したろうに、わずか十五分の差で ね、実に残念な事をした。考え出すとあぶないところだったと今でも思うのさ」
     語り了おわった主人はようやく自分の義務をすましたような風をする。これで両人に対して顔が立つと云う気 かも知れん。
     寒月は例のごとく欠けた歯を出して笑いながら「それは残念でしたな」と云う。
     迷亭はとぼけた顔をして「君のような親切な夫おっとを持った妻君は実に仕合せだな」と独ひとり言ごとのよ うにいう。障子の蔭でエヘンと云う細君の咳払せきばらいが聞える。
     吾輩はおとなしく三人の話しを順番に聞いていたがおかしくも悲しくもなかった。人間というものは時間を潰 つぶすために強しいて口を運動させて、おかしくもない事を笑ったり、面白くもない事を嬉しがったりするほか に能もない者だと思った。吾輩の主人の我儘わがままで偏狭へんきょうな事は前から承知していたが、平常ふだ んは言葉数を使わないので何だか了解しかねる点があるように思われていた。その了解しかねる点に少しは恐し いと云う感じもあったが、今の話を聞いてから急に軽蔑けいべつしたくなった。かれはなぜ両人の話しを沈黙し て聞いていられないのだろう。負けぬ気になって愚ぐにもつかぬ駄弁を弄ろうすれば何の所得があるだろう。エ ピクテタスにそんな事をしろと書いてあるのか知らん。要するに主人も寒月も迷亭も太平たいへいの逸民いつみ んで、彼等は糸瓜へちまのごとく風に吹かれて超然と澄すまし切っているようなものの、その実はやはり娑婆気 しゃばけもあり慾気よくけもある。競争の念、勝とう勝とうの心は彼等が日常の談笑中にもちらちらとほのめい て、一歩進めば彼等が平常罵倒ばとうしている俗骨共ぞっこつどもと一つ穴の動物になるのは猫より見て気の毒 の至りである。ただその言語動作が普通の半可通はんかつうのごとく、文切もんきり形がたの厭味を帯びてない のはいささかの取とり得えでもあろう。
     こう考えると急に三人の談話が面白くなくなったので、三毛子の様子でも見て来きようかと二絃琴にげんきん の御師匠さんの庭口へ廻る。門松かどまつ注目飾しめかざりはすでに取り払われて正月も早はや十日となったが 、うららかな春日はるびは一流れの雲も見えぬ深き空より四海天下を一度に照らして、十坪に足らぬ庭の面おも も元日の曙光しょこうを受けた時より鮮あざやかな活気を呈している。椽側に座蒲団ざぶとんが一つあって人影 も見えず、障子も立て切ってあるのは御師匠さんは湯にでも行ったのか知らん。御師匠さんは留守でも構わんが 、三毛子は少しは宜いい方か、それが気掛りである。ひっそりして人の気合けわいもしないから、泥足のまま椽 側えんがわへ上あがって座蒲団の真中へ寝転ねころんで見るといい心持ちだ。ついうとうととして、三毛子の事 も忘れてうたた寝をしていると、急に障子のうちで人声がする。
    「御苦労だった。出来たかえ」御師匠さんはやはり留守ではなかったのだ。
    「はい遅くなりまして、仏師屋ぶっしやへ参りましたらちょうど出来上ったところだと申しまして」「どれお見 せなさい。ああ奇麗に出来た、これで三毛も浮かばれましょう。金きんは剥はげる事はあるまいね」「ええ念を 押しましたら上等を使ったからこれなら人間の位牌いはいよりも持つと申しておりました。……それから猫誉信 女みょうよしんにょの誉の字は崩くずした方が恰好かっこうがいいから少し劃かくを易かえたと申しました」「 どれどれ早速御仏壇へ上げて御線香でもあげましょう」
     三毛子は、どうかしたのかな、何だか様子が変だと蒲団の上へ立ち上る。チーン南無猫誉信女なむみょうよし んにょ、南無阿弥陀仏なむあみだぶつ南無阿弥陀仏と御師匠さんの声がする。
    「御前も回向えこうをしておやりなさい」
     チーン南無猫誉信女南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏と今度は下女の声がする。吾輩は急に動悸どうきがして来た。 座蒲団の上に立ったまま、木彫きぼりの猫のように眼も動かさない。
    「ほんとに残念な事を致しましたね。始めはちょいと風邪かぜを引いたんでございましょうがねえ」「甘木さん が薬でも下さると、よかったかも知れないよ」「一体あの甘木さんが悪うございますよ、あんまり三毛を馬鹿に し過ぎまさあね」「そう人様ひとさまの事を悪く云うものではない。これも寿命じゅみょうだから 」
     三毛子も甘木先生に診察して貰ったものと見える。
    「つまるところ表通りの教師のうちの野良猫のらねこが無暗むやみに誘い出したからだと、わたしは思うよ」「 ええあの畜生ちきしょうが三毛のかたきでございますよ」
     少し弁解したかったが、ここが我慢のしどころと唾つばを呑んで聞いている。話しはしばし途切 とぎれる。
    「世の中は自由にならん者でのう。三毛のような器量よしは早死はやじにをするし。不器量な野良猫は達者でい たずらをしているし……」「その通りでございますよ。三毛のような可愛らしい猫は鐘と太鼓で探してあるいた って、二人ふたりとはおりませんからね」
     二匹と云う代りに二ふたりといった。下女の考えでは猫と人間とは同種族ものと思っているらしい。そう云え ばこの下女の顔は吾等猫属ねこぞくとはなはだ類似している。
    「出来るものなら三毛の代りに……」「あの教師の所の野良のらが死ぬと御誂おあつらえ通りに参ったんでござ いますがねえ」
     御誂え通りになっては、ちと困る。死ぬと云う事はどんなものか、まだ経験した事がないから好きとも嫌いと も云えないが、先日あまり寒いので火消壺ひけしつぼの中へもぐり込んでいたら、下女が吾輩がいるのも知らん で上から蓋ふたをした事があった。その時の苦しさは考えても恐しくなるほどであった。白君の説明によるとあ の苦しみが今少し続くと死ぬのであるそうだ。三毛子の身代みがわりになるのなら苦情もないが、あの苦しみを 受けなくては死ぬ事が出来ないのなら、誰のためでも死にたくはない。
    「しかし猫でも坊さんの御経を読んでもらったり、戒名かいみょうをこしらえてもらったのだから心残りはある まい」「そうでございますとも、全く果報者かほうものでございますよ。ただ慾を云うとあの坊さんの御経があ まり軽少だったようでございますね」「少し短か過ぎたようだったから、大変御早うございますねと御尋ねをし たら、月桂寺げっけいじさんは、ええ利目ききめのあるところをちょいとやっておきました、なに猫だからあの くらいで充分浄土へ行かれますとおっしゃったよ」「あらまあ……しかしあの野良なんかは……」
     吾輩は名前はないとしばしば断っておくのに、この下女は野良野良と吾輩を呼ぶ。失敬な奴だ。
    「罪が深いんですから、いくらありがたい御経だって浮かばれる事はございませんよ」
     吾輩はその後ご野良が何百遍繰り返されたかを知らぬ。吾輩はこの際限なき談話を中途で聞き棄てて、布団ふ とんをすべり落ちて椽側から飛び下りた時、八万八千八百八十本の毛髪を一度にたてて身震みぶるいをした。そ の後ご二絃琴にげんきんの御師匠さんの近所へは寄りついた事がない。今頃は御師匠さん自身が月桂寺さんから 軽少な御回向ごえこうを受けているだろう。
     近頃は外出する勇気もない。何だか世間が慵ものうく感ぜらるる。主人に劣らぬほどの無性猫ぶしょうねこと なった。主人が書斎にのみ閉じ籠こもっているのを人が失恋だ失恋だと評するのも無理はないと思うようになっ た。
     鼠ねずみはまだ取った事がないので、一時は御三おさんから放逐論ほうちくろんさえ呈出ていしゅつされた事 もあったが、主人は吾輩の普通一般の猫でないと云う事を知っているものだから吾輩はやはりのらくらしてこの 家やに起臥きがしている。この点については深く主人の恩を感謝すると同時にその活眼かつがんに対して敬服の 意を表するに躊躇ちゅうちょしないつもりである。御三が吾輩を知らずして虐待をするのは別に腹も立たない。 今に左甚五郎ひだりじんごろうが出て来て、吾輩の肖像を楼門ろうもんの柱に刻きざみ、日本のスタンランが好 んで吾輩の似顔をカンヴァスの上に描えがくようになったら、彼等鈍瞎漢どんかつかんは始めて自己の不明を恥 はずるであろう。




     三毛子は死ぬ。黒は相手にならず、いささか寂寞せきばくの感はあるが、幸い人間に知己ちきが出来たのでさ ほど退屈とも思わぬ。せんだっては主人の許もとへ吾輩の写真を送ってくれと手紙で依頼した男がある。この間 は岡山の名産吉備団子きびだんごをわざわざ吾輩の名宛で届けてくれた人がある。だんだん人間から同情を寄せ らるるに従って、己おのれが猫である事はようやく忘却してくる。猫よりはいつの間まにか人間の方へ接近して 来たような心持になって、同族を糾合きゅうごうして二本足の先生と雌雄しゆうを決しようなどと云いう量見は 昨今のところ毛頭もうとうない。それのみか折々は吾輩もまた人間世界の一人だと思う折さえあるくらいに進化 したのはたのもしい。あえて同族を軽蔑けいべつする次第ではない。ただ性情の近きところに向って一身の安き を置くは勢いきおいのしからしむるところで、これを変心とか、軽薄とか、裏切りとか評せられてはちと迷惑す る。かような言語を弄ろうして人を罵詈ばりするものに限って融通の利きかぬ貧乏性の男が多いようだ。こう猫 の習癖を脱化して見ると三毛子や黒の事ばかり荷厄介にしている訳には行かん。やはり人間同等の気位きぐらい で彼等の思想、言行を評隲ひょうしつしたくなる。これも無理はあるまい。ただそのくらいな見識を有している 吾輩をやはり一般猫児びょうじの毛の生はえたものくらいに思って、主人が吾輩に一言いちごんの挨拶もなく、 吉備団子きびだんごをわが物顔に喰い尽したのは残念の次第である。写真もまだ撮とって送らぬ容子ようすだ。 これも不平と云えば不平だが、主人は主人、吾輩は吾輩で、相互の見解が自然異ことなるのは致し方もあるまい 。吾輩はどこまでも人間になりすましているのだから、交際をせぬ猫の動作は、どうしてもちょいと筆に上のぼ りにくい。迷亭、寒月諸先生の評判だけで御免蒙こうむる事に致そう。
     今日は上天気の日曜なので、主人はのそのそ書斎から出て来て、吾輩の傍そばへ筆硯ふですずりと原稿用紙を 並べて腹這はらばいになって、しきりに何か唸うなっている。大方草稿を書き卸おろす序開じょびらきとして妙 な声を発するのだろうと注目していると、ややしばらくして筆太ふでぶとに「香一※(「火+(麈-鹿)」、第 3水準1-87-40)こういっしゅ」とかいた。はてな詩になるか、俳句になるか、香一※(「火+(麈-鹿)」、第3 水準1-87-40)とは、主人にしては少し洒落しゃれ過ぎているがと思う間もなく、彼は香一※(「火+(麈-鹿)」、第 3水準1-87-40)を書き放しにして、新たに行ぎょうを改めて「さっきから天然居士てんねんこじの事をかこうと考えてい る」と筆を走らせた。筆はそれだけではたと留ったぎり動かない。主人は筆を持って首を捻ひねったが別段名案 もないものと見えて筆の穂を甞なめだした。唇が真黒になったと見ていると、今度はその下へちょいと丸をかい た。丸の中へ点を二つうって眼をつける。真中へ小鼻の開いた鼻をかいて、真一文字に口を横へ引張った、これ では文章でも俳句でもない。主人も自分で愛想あいそが尽きたと見えて、そこそこに顔を塗り消してしまった。 主人はまた行ぎょうを改める。彼の考によると行さえ改めれば詩か賛か語か録か何なんかになるだろうとただ宛 あてもなく考えているらしい。やがて「天然居士は空間を研究し、論語を読み、焼芋やきいもを食い、鼻汁はな を垂らす人である」と言文一致体で一気呵成いっきかせいに書き流した、何となくごたごたした文章である。そ れから主人はこれを遠慮なく朗読して、いつになく「ハハハハ面白い」と笑ったが「鼻汁はなを垂らすのは、ち と酷こくだから消そう」とその句だけへ棒を引く。一本ですむところを二本引き三本引き、奇麗な併行線へいこ うせんを描かく、線がほかの行ぎょうまで食はみ出しても構わず引いている。線が八本並んでもあとの句が出来 ないと見えて、今度は筆を捨てて髭ひげを捻ひねって見る。文章を髭から捻り出して御覧に入れますと云う見幕 けんまくで猛烈に捻ってはねじ上げ、ねじ下ろしているところへ、茶の間から妻君さいくんが出て来てぴたりと 主人の鼻の先へ坐すわる。「あなたちょっと」と呼ぶ。「なんだ」と主人は水中で銅鑼どらを叩たたくような声 を出す。返事が気に入らないと見えて妻君はまた「あなたちょっと」と出直す。「なんだよ」と今度は鼻の穴へ 親指と人さし指を入れて鼻毛をぐっと抜く。「今月はちっと足りませんが……」「足りんはずはない、医者へも 薬礼はすましたし、本屋へも先月払ったじゃないか。今月は余らなければならん」とすまして抜き取った鼻毛を 天下の奇観のごとく眺ながめている。「それでもあなたが御飯を召し上らんで麺麭パンを御食おたべになったり 、ジャムを御舐おなめになるものですから」「元来ジャムは幾缶いくかん舐めたのかい」「今月は八つ入いりま したよ」「八つ? そんなに舐めた覚えはない」「あなたばかりじゃありません、子供も舐めます」「いくら舐 めたって五六円くらいなものだ」と主人は平気な顔で鼻毛を一本一本丁寧に原稿紙の上へ植付ける。肉が付いて いるのでぴんと針を立てたごとくに立つ。主人は思わぬ発見をして感じ入った体ていで、ふっと吹いて見る。粘 着力ねんちゃくりょくが強いので決して飛ばない。「いやに頑固がんこだな」と主人は一生懸命に吹く。「ジャ ムばかりじゃないんです、ほかに買わなけりゃ、ならない物もあります」と妻君は大おおいに不平な気色けしき を両頬に漲みなぎらす。「あるかも知れないさ」と主人はまた指を突っ込んでぐいと鼻毛を抜く。赤いのや、黒 いのや、種々の色が交まじる中に一本真白なのがある。大に驚いた様子で穴の開あくほど眺めていた主人は指の 股へ挟んだまま、その鼻毛を妻君の顔の前へ出す。「あら、いやだ」と妻君は顔をしかめて、主人の手を突き戻 す。「ちょっと見ろ、鼻毛の白髪しらがだ」と主人は大に感動した様子である。さすがの妻君も笑いながら茶の 間へ這入はいる。経済問題は断念したらしい。主人はまた天然居士てんねんこじに取り懸かかる。
     鼻毛で妻君を追払った主人は、まずこれで安心と云わぬばかりに鼻毛を抜いては原稿をかこうと焦あせる体て いであるがなかなか筆は動かない。「焼芋を食うも蛇足だそくだ、割愛かつあいしよう」とついにこの句も抹殺 まっさつする。「香一※(「火+(麈-鹿)」、第3水準1-87-40)もあまり唐突とうとつだから已やめろ」と惜気もなく筆誅ひっちゅうする。余す所は「天然居士は空間を 研究し論語を読む人である」と云う一句になってしまった。主人はこれでは何だか簡単過ぎるようだなと考えて いたが、ええ面倒臭い、文章は御廃おはいしにして、銘だけにしろと、筆を十文字に揮ふるって原稿紙の上へ下 手な文人画の蘭を勢よくかく。せっかくの苦心も一字残らず落第となった。それから裏を返して「空間に生れ、 空間を究きわめ、空間に死す。空たり間たり天然居士てんねんこじ噫ああ」と意味不明な語を連つらねていると ころへ例のごとく迷亭が這入はいって来る。迷亭は人の家うちも自分の家も同じものと心得ているのか案内も乞 わず、ずかずか上ってくる、のみならず時には勝手口から飄然ひょうぜんと舞い込む事もある、心配、遠慮、気 兼きがね、苦労、を生れる時どこかへ振り落した男である。
    「また巨人引力かね」と立ったまま主人に聞く。「そう、いつでも巨人引力ばかり書いてはおらんさ。天然居士 の墓銘を撰せんしているところなんだ」と大袈裟おおげさな事を云う。「天然居士と云うなあやはり偶然童子の ような戒名かね」と迷亭は不相変あいかわらず出鱈目でたらめを云う。「偶然童子と云うのもあるのかい」「な に有りゃしないがまずその見当けんとうだろうと思っていらあね」「偶然童子と云うのは僕の知ったものじゃな いようだが天然居士と云うのは、君の知ってる男だぜ」「一体だれが天然居士なんて名を付けてすましているん だい」「例の曾呂崎そろさきの事だ。卒業して大学院へ這入って空間論と云う題目で研究していたが、あまり勉 強し過ぎて腹膜炎で死んでしまった。曾呂崎はあれでも僕の親友なんだからな」「親友でもいいさ、決して悪い と云やしない。しかしその曾呂崎を天然居士に変化させたのは一体誰の所作しょさだい」「僕さ、僕がつけてや ったんだ。元来坊主のつける戒名ほど俗なものは無いからな」と天然居士はよほど雅がな名のように自慢する。 迷亭は笑いながら「まあその墓碑銘ぼひめいと云う奴を見せ給え」と原稿を取り上げて「何だ……空間に生れ、 空間を究きわめ、空間に死す。空たり間たり天然居士噫ああ」と大きな声で読み上あげる。「なるほどこりゃあ 善いい、天然居士相当のところだ」主人は嬉しそうに「善いだろう」と云う。「この墓銘ぼめいを沢庵石たくあ んいしへ彫ほり付けて本堂の裏手へ力石ちからいしのように抛ほうり出して置くんだね。雅がでいいや、天然居 士も浮かばれる訳だ」「僕もそうしようと思っているのさ」と主人は至極しごく真面目に答えたが「僕あちょっ と失敬するよ、じき帰るから猫にでもからかっていてくれ給え」と迷亭の返事も待たず風然ふうぜんと出て行く 。
     計らずも迷亭先生の接待掛りを命ぜられて無愛想ぶあいそな顔もしていられないから、ニャーニャーと愛嬌あ いきょうを振り蒔まいて膝ひざの上へ這はい上あがって見た。すると迷亭は「イヨー大分だいぶ肥ふとったな、 どれ」と無作法ぶさほうにも吾輩の襟髪えりがみを攫つかんで宙へ釣るす。「あと足をこうぶら下げては、鼠ね ずみは取れそうもない、……どうです奥さんこの猫は鼠を捕りますかね」と吾輩ばかりでは不足だと見えて、隣 りの室へやの妻君に話しかける。「鼠どころじゃございません。御雑煮おぞうにを食べて踊りをおどるんですも の」と妻君は飛んだところで旧悪を暴あばく。吾輩は宙乗ちゅうのりをしながらも少々極りが悪かった。迷亭は まだ吾輩を卸おろしてくれない。「なるほど踊りでもおどりそうな顔だ。奥さんこの猫は油断のならない相好そ うごうですぜ。昔むかしの草双紙くさぞうしにある猫又ねこまたに似ていますよ」と勝手な事を言いながら、し きりに細君さいくんに話しかける。細君は迷惑そうに針仕事の手をやめて座敷へ出てくる。
    「どうも御退屈様、もう帰りましょう」と茶を注つぎ易かえて迷亭の前へ出す。「どこへ行ったんですかね」「 どこへ参るにも断わって行った事の無い男ですから分りかねますが、大方御医者へでも行ったんでしょう」「甘 木さんですか、甘木さんもあんな病人に捕つらまっちゃ災難ですな」「へえ」と細君は挨拶のしようもないと見 えて簡単な答えをする。迷亭は一向いっこう頓着しない。「近頃はどうです、少しは胃の加減が能いいんですか 」「能いいか悪いか頓とんと分りません、いくら甘木さんにかかったって、あんなにジャムばかり甞なめては胃 病の直る訳がないと思います」と細君は先刻せんこくの不平を暗あんに迷亭に洩もらす。「そんなにジャムを甞 めるんですかまるで小供のようですね」「ジャムばかりじゃないんで、この頃は胃病の薬だとか云って大根卸だ いこおろしを無暗むやみに甞めますので……」「驚ろいたな」と迷亭は感嘆する。「何でも大根卸だいこおろし の中にはジヤスターゼが有るとか云う話しを新聞で読んでからです」「なるほどそれでジャムの損害を償つぐな おうと云う趣向ですな。なかなか考えていらあハハハハ」と迷亭は細君の訴うったえを聞いて大おおいに愉快な 気色けしきである。「この間などは赤ん坊にまで甞めさせまして……」「ジャムをですか」「いいえ大根卸だい こおろしを……あなた。坊や御父様がうまいものをやるからおいでてって、――たまに小供を可愛がってくれる かと思うとそんな馬鹿な事ばかりするんです。二三日前にさんちまえには中の娘を抱いて箪笥たんすの上へあげ ましてね……」「どう云う趣向がありました」と迷亭は何を聞いても趣向ずくめに解釈する。「なに趣向も何も 有りゃしません、ただその上から飛び下りて見ろと云うんですわ、三つや四つの女の子ですもの、そんな御転婆 おてんばな事が出来るはずがないです」「なるほどこりゃ趣向が無さ過ぎましたね。しかしあれで腹の中は毒の ない善人ですよ」「あの上腹の中に毒があっちゃ、辛防しんぼうは出来ませんわ」と細君は大おおいに気焔きえ んを揚げる。「まあそんなに不平を云わんでも善いでさあ。こうやって不足なくその日その日が暮らして行かれ れば上じょうの分ぶんですよ。苦沙弥君くしゃみくんなどは道楽はせず、服装にも構わず、地味に世帯向しょた いむきに出来上った人でさあ」と迷亭は柄がらにない説教を陽気な調子でやっている。「ところがあなた大違い で……」「何か内々でやりますかね。油断のならない世の中だからね」と飄然ひょうぜんとふわふわした返事を する。「ほかの道楽はないですが、無暗むやみに読みもしない本ばかり買いましてね。それも善い加減に見計み はからって買ってくれると善いんですけれど、勝手に丸善へ行っちゃ何冊でも取って来て、月末になると知らん 顔をしているんですもの、去年の暮なんか、月々のが溜たまって大変困りました」「なあに書物なんか取って来 るだけ取って来て構わんですよ。払いをとりに来たら今にやる今にやると云っていりゃ帰ってしまいまさあ」「 それでも、そういつまでも引張る訳にも参りませんから」と妻君は憮然ぶぜんとしている。「それじゃ、訳を話 して書籍費しょじゃくひを削減させるさ」「どうして、そんな言ことを云ったって、なかなか聞くものですか、 この間などは貴様は学者の妻さいにも似合わん、毫ごうも書籍しょじゃくの価値を解しておらん、昔むかし羅馬 ローマにこう云う話しがある。後学のため聞いておけと云うんです」「そりゃ面白い、どんな話しですか」迷亭 は乗気になる。細君に同情を表しているというよりむしろ好奇心に駆かられている。「何んでも昔し羅馬ローマ に樽金たるきんとか云う王様があって……」「樽金たるきん? 樽金はちと妙ですぜ」「私は唐人とうじんの名 なんかむずかしくて覚えられませんわ。何でも七代目なんだそうです」「なるほど七代目樽金は妙ですな。ふん その七代目樽金がどうかしましたかい」「あら、あなたまで冷かしては立つ瀬がありませんわ。知っていらっし ゃるなら教えて下さればいいじゃありませんか、人の悪い」と、細君は迷亭へ食って掛る。「何冷かすなんて、 そんな人の悪い事をする僕じゃない。ただ七代目樽金は振ふるってると思ってね……ええお待ちなさいよ羅馬ロ ーマの七代目の王様ですね、こうっとたしかには覚えていないがタークイン・ゼ・プラウドの事でしょう。まあ 誰でもいい、その王様がどうしました」「その王様の所へ一人の女が本を九冊持って来て買ってくれないかと云 ったんだそうです」「なるほど」「王様がいくらなら売るといって聞いたら大変な高い事を云うんですって、あ まり高いもんだから少し負けないかと云うとその女がいきなり九冊の内の三冊を火にくべて焚やいてしまったそ うです」「惜しい事をしましたな」「その本の内には予言か何かほかで見られない事が書いてあるんですって」 「へえー」「王様は九冊が六冊になったから少しは価ねも減ったろうと思って六冊でいくらだと聞くと、やはり 元の通り一文も引かないそうです、それは乱暴だと云うと、その女はまた三冊をとって火にくべたそうです。王 様はまだ未練があったと見えて、余った三冊をいくらで売ると聞くと、やはり九冊分のねだんをくれと云うそう です。九冊が六冊になり、六冊が三冊になっても代価は、元の通り一厘も引かない、それを引かせようとすると 、残ってる三冊も火にくべるかも知れないので、王様はとうとう高い御金を出して焚やけ余あまりの三冊を買っ たんですって……どうだこの話しで少しは書物のありがた味みが分ったろう、どうだと力味りきむのですけれど 、私にゃ何がありがたいんだか、まあ分りませんね」と細君は一家の見識を立てて迷亭の返答を促うながす。さ すがの迷亭も少々窮したと見えて、袂たもとからハンケチを出して吾輩をじゃらしていたが「しかし奥さん」と 急に何か考えついたように大きな声を出す。「あんなに本を買って矢鱈やたらに詰め込むものだから人から少し は学者だとか何とか云われるんですよ。この間ある文学雑誌を見たら苦沙弥君くしゃみくんの評が出ていました よ」「ほんとに?」と細君は向き直る。主人の評判が気にかかるのは、やはり夫婦と見える。「何とかいてあっ たんです」「なあに二三行ばかりですがね。苦沙弥君の文は行雲流水こううんりゅうすいのごとしとありました よ」細君は少しにこにこして「それぎりですか」「その次にね――出ずるかと思えば忽たちまち消え、逝ゆいて は長とこしなえに帰るを忘るとありましたよ」細君は妙な顔をして「賞ほめたんでしょうか」と心元ない調子で ある。「まあ賞めた方でしょうな」と迷亭は済ましてハンケチを吾輩の眼の前にぶら下げる。「書物は商買道具 で仕方もござんすまいが、よっぽど偏屈へんくつでしてねえ」迷亭はまた別途の方面から来たなと思って「偏屈 は少々偏屈ですね、学問をするものはどうせあんなですよ」と調子を合わせるような弁護をするような不即不離 の妙答をする。「せんだってなどは学校から帰ってすぐわきへ出るのに着物を着換えるのが面倒だものですから 、あなた外套がいとうも脱がないで、机へ腰を掛けて御飯を食べるのです。御膳おぜんを火燵櫓こたつやぐらの 上へ乗せまして――私は御櫃おはちを抱かかえて坐っておりましたがおかしくって……」「何だかハイカラの首 実検のようですな。しかしそんなところが苦沙弥君の苦沙弥君たるところで――とにかく月並つきなみでない」 と切せつない褒ほめ方をする。「月並か月並でないか女には分りませんが、なんぼ何でも、あまり乱暴ですわ」 「しかし月並より好いですよ」と無暗に加勢すると細君は不満な様子で「一体、月並月並と皆さんが、よくおっ しゃいますが、どんなのが月並なんです」と開き直って月並の定義を質問する、「月並ですか、月並と云うと― ―さようちと説明しにくいのですが……」「そんな曖昧あいまいなものなら月並だって好さそうなものじゃあり ませんか」と細君は女人にょにん一流の論理法で詰め寄せる。「曖昧じゃありませんよ、ちゃんと分っています 、ただ説明しにくいだけの事でさあ」「何でも自分の嫌いな事を月並と云うんでしょう」と細君は我われ知らず 穿うがった事を云う。迷亭もこうなると何とか月並の処置を付けなければならぬ仕儀となる。「奥さん、月並と 云うのはね、まず年は二八か二九からぬと言わず語らず物思いの間あいだに寝転んでいて、この日や天気晴朗と くると必ず一瓢を携えて墨堤に遊ぶ連中れんじゅうを云うんです」「そんな連中があるでしょうか」と細君は分 らんものだから好いい加減な挨拶をする。「何だかごたごたして私には分りませんわ」とついに我がを折る。「 それじゃ馬琴ばきんの胴へメジョオ・ペンデニスの首をつけて一二年欧州の空気で包んでおくんですね」「そう すると月並が出来るでしょうか」迷亭は返事をしないで笑っている。「何そんな手数てすうのかかる事をしない でも出来ます。中学校の生徒に白木屋の番頭を加えて二で割ると立派な月並が出来上ります」「そうでしょうか 」と細君は首を捻ひねったまま納得なっとくし兼ねたと云う風情ふぜいに見える。
    「君まだいるのか」と主人はいつの間まにやら帰って来て迷亭の傍そばへ坐すわる。「まだいるのかはちと酷こ くだな、すぐ帰るから待ってい給えと言ったじゃないか」「万事あれなんですもの」と細君は迷亭を顧かえりみ る。「今君の留守中に君の逸話を残らず聞いてしまったぜ」「女はとかく多弁でいかん、人間もこの猫くらい沈 黙を守るといいがな」と主人は吾輩の頭を撫なでてくれる。「君は赤ん坊に大根卸だいこおろしを甞なめさした そうだな」「ふむ」と主人は笑ったが「赤ん坊でも近頃の赤ん坊はなかなか利口だぜ。それ以来、坊や辛からい のはどこと聞くときっと舌を出すから妙だ」「まるで犬に芸を仕込む気でいるから残酷だ。時に寒月かんげつは もう来そうなものだな」「寒月が来るのかい」と主人は不審な顔をする。「来るんだ。午後一時までに苦沙弥く しゃみの家うちへ来いと端書はがきを出しておいたから」「人の都合も聞かんで勝手な事をする男だ。寒月を呼 んで何をするんだい」「なあに今日のはこっちの趣向じゃない寒月先生自身の要求さ。先生何でも理学協会で演 説をするとか云うのでね。その稽古をやるから僕に聴いてくれと云うから、そりゃちょうどいい苦沙弥にも聞か してやろうと云うのでね。そこで君の家うちへ呼ぶ事にしておいたのさ――なあに君はひま人だからちょうどい いやね――差支さしつかえなんぞある男じゃない、聞くがいいさ」と迷亭は独ひとりで呑み込んでいる。「物理 学の演説なんか僕にゃ分らん」と主人は少々迷亭の専断せんだんを憤いきどおったもののごとくに云う。「とこ ろがその問題がマグネ付けられたノッズルについてなどと云う乾燥無味なものじゃないんだ。首縊りの力学と云 う脱俗超凡だつぞくちょうぼんな演題なのだから傾聴する価値があるさ」「君は首を縊くくり損そくなった男だ から傾聴するが好いが僕なんざあ……」「歌舞伎座で悪寒おかんがするくらいの人間だから聞かれないと云う結 論は出そうもないぜ」と例のごとく軽口を叩く。妻君はホホと笑って主人を顧かえりみながら次の間へ退く。主 人は無言のまま吾輩の頭を撫なでる。この時のみは非常に丁寧な撫で方であった。
     それから約七分くらいすると注文通り寒月君が来る。今日は晩に演舌えんぜつをするというので例になく立派 なフロックを着て、洗濯し立ての白襟カラーを聳そびやかして、男振りを二割方上げて、「少し後おくれまして 」と落ちつき払って、挨拶をする。「さっきから二人で大待ちに待ったところなんだ。早速願おう、なあ君」と 主人を見る。主人もやむを得ず「うむ」と生返事なまへんじをする。寒月君はいそがない。「コップへ水を一杯 頂戴しましょう」と云う。「いよー本式にやるのか次には拍手の請求とおいでなさるだろう」と迷亭は独りで騒 ぎ立てる。寒月君は内隠うちがくしから草稿を取り出して徐おもむろに「稽古ですから、御遠慮なく御批評を願 います」と前置をして、いよいよ演舌の御浚おさらいを始める。
    「罪人を絞罪こうざいの刑に処すると云う事は重おもにアングロサクソン民族間に行われた方法でありまして、 それより古代に溯さかのぼって考えますと首縊くびくくりは重に自殺の方法として行われた者であります。猶太 人中ユダヤじんちゅうに在あっては罪人を石を抛なげつけて殺す習慣であったそうでございます。旧約全書を研 究して見ますといわゆるハンギングなる語は罪人の死体を釣るして野獣または肉食鳥の餌食えじきとする意義と 認められます。ヘロドタスの説に従って見ますと猶太人ユダヤじんはエジプトを去る以前から夜中やちゅう死骸 を曝さらされることを痛く忌いみ嫌ったように思われます。エジプト人は罪人の首を斬って胴だけを十字架に釘 付くぎづけにして夜中曝し物にしたそうで御座います。波斯人ペルシャじんは……」「寒月君首縊りと縁がだん だん遠くなるようだが大丈夫かい」と迷亭が口を入れる。「これから本論に這入はいるところですから、少々御 辛防ごしんぼうを願います。……さて波斯人はどうかと申しますとこれもやはり処刑には磔はりつけを用いたよ うでございます。但し生きているうちに張付はりつけに致したものか、死んでから釘を打ったものかその辺へん はちと分りかねます……」「そんな事は分らんでもいいさ」と主人は退屈そうに欠伸あくびをする。「まだいろ いろ御話し致したい事もございますが、御迷惑であらっしゃいましょうから……」「あらっしゃいましょうより 、いらっしゃいましょうの方が聞きいいよ、ねえ苦沙弥君くしゃみくん」とまた迷亭が咎とがめ立だてをすると 主人は「どっちでも同じ事だ」と気のない返事をする。「さていよいよ本題に入りまして弁じます」「弁じます なんか講釈師の云い草だ。演舌家はもっと上品な詞ことばを使って貰いたいね」と迷亭先生また交まぜ返す。「 弁じますが下品なら何と云ったらいいでしょう」と寒月君は少々むっとした調子で問いかける。「迷亭のは聴い ているのか、交まぜ返しているのか判然しない。寒月君そんな弥次馬やじうまに構わず、さっさとやるが好い」 と主人はなるべく早く難関を切り抜けようとする。「むっとして弁じましたる柳かな、かね」と迷亭はあいかわ らず飄然ひょうぜんたる事を云う。寒月は思わず吹き出す。「真に処刑として絞殺を用いましたのは、私の調べ ました結果によりますると、オディセーの二十二巻目に出ております。即すなわち彼かのテレマカスがペネロピ ーの十二人の侍女を絞殺するという条くだりでございます。希臘語ギリシャごで本文を朗読しても宜よろしゅう ございますが、ちと衒てらうような気味にもなりますからやめに致します。四百六十五行から、四百七十三行を 御覧になると分ります」「希臘語云々うんぬんはよした方がいい、さも希臘語が出来ますと云わんばかりだ、ね え苦沙弥君」「それは僕も賛成だ、そんな物欲しそうな事は言わん方が奥床おくゆかしくて好い」と主人はいつ になく直ちに迷亭に加担する。両人りょうにんは毫ごうも希臘語が読めないのである。「それではこの両三句は 今晩抜く事に致しまして次を弁じ――ええ申し上げます。
     この絞殺を今から想像して見ますと、これを執行するに二つの方法があります。第一は、彼かのテレマカスが ユーミアス及びフ※(小書き片仮名ヒ、1-6-84)リーシャスの援たすけを藉かりて縄の一端を柱へ括くくりつけます。そしてその縄の所々へ結び目を穴に 開けてこの穴へ女の頭を一つずつ入れておいて、片方の端はじをぐいと引張って釣し上げたものと見るのです」 「つまり西洋洗濯屋のシャツのように女がぶら下ったと見れば好いんだろう」「その通りで、それから第二は縄 の一端を前のごとく柱へ括くくり付けて他の一端も始めから天井へ高く釣るのです。そしてその高い縄から何本 か別の縄を下げて、それに結び目の輪になったのを付けて女の頸くびを入れておいて、いざと云う時に女の足台 を取りはずすと云う趣向なのです」「たとえて云うと縄暖簾なわのれんの先へ提灯玉ちょうちんだまを釣したよ うな景色けしきと思えば間違はあるまい」「提灯玉と云う玉は見た事がないから何とも申されませんが、もしあ るとすればその辺へんのところかと思います。――それでこれから力学的に第一の場合は到底成立すべきもので ないと云う事を証拠立てて御覧に入れます」「面白いな」と迷亭が云うと「うん面白い」と主人も 一致する。
    「まず女が同距離に釣られると仮定します。また一番地面に近い二人の女の首と首を繋つないでいる縄はホリゾ ンタルと仮定します。そこでα1α2……α6を縄が地平線と形づくる角度とし、T1T2……T6を縄の各部 が受ける力と見做みなし、T7=Xは縄のもっとも低い部分の受ける力とします。Wは勿論もちろん女の体重と 御承知下さい。どうです御分りになりましたか」
     迷亭と主人は顔を見合せて「大抵分った」と云う。但しこの大抵と云う度合は両人りょうにんが勝手に作った のだから他人の場合には応用が出来ないかも知れない。「さて多角形に関する御存じの平均性理論によりますと 、下しものごとく十二の方程式が立ちます。T1cosα1=T2cosα2…… (1) T2cosα2=T3cosα3…… (2) ……」「方程式はそのくらいで沢山だろう」と主人は乱暴な事を云う。「実はこの式が演説の首脳なんですが」 と寒月君ははなはだ残り惜し気に見える。「それじゃ首脳だけは逐おって伺う事にしようじゃないか」と迷亭も 少々恐縮の体ていに見受けられる。「この式を略してしまうとせっかくの力学的研究がまるで駄目になるのです が……」「何そんな遠慮はいらんから、ずんずん略すさ……」と主人は平気で云う。「それでは仰せに従って、 無理ですが略しましょう」「それがよかろう」と迷亭が妙なところで手をぱちぱちと叩く。
    「それから英国へ移って論じますと、ベオウルフの中に絞首架こうしゅか即すなわちガルガと申す字が見えます から絞罪の刑はこの時代から行われたものに違ないと思われます。ブラクストーンの説によるともし絞罪に処せ られる罪人が、万一縄の具合で死に切れぬ時は再度ふたたび同様の刑罰を受くべきものだとしてありますが、妙 な事にはピヤース・プローマンの中には仮令たとい兇漢でも二度絞しめる法はないと云う句があるのです。まあ どっちが本当か知りませんが、悪くすると一度で死ねない事が往々実例にあるので。千七百八十六年に有名なフ ※(小書き片仮名ヒ、1-6-84)ツ・ゼラルドと云う悪漢を絞めた事がありました。ところが妙なはずみで一度目には台から飛び降りると きに縄が切れてしまったのです。またやり直すと今度は縄が長過ぎて足が地面へ着いたのでやはり死ねなかった のです。とうとう三返目に見物人が手伝って往生おうじょうさしたと云う話しです」「やれやれ」と迷亭はこん なところへくると急に元気が出る。「本当に死に損ぞこないだな」と主人まで浮かれ出す。「まだ面白い事があ ります首を縊くくると背せいが一寸いっすんばかり延びるそうです。これはたしかに医者が計って見たのだから 間違はありません」「それは新工夫だね、どうだい苦沙弥くしゃみなどはちと釣って貰っちゃあ、一寸延びたら 人間並になるかも知れないぜ」と迷亭が主人の方を向くと、主人は案外真面目で「寒月君、一寸くらい背せいが 延びて生き返る事があるだろうか」と聞く。「それは駄目に極きまっています。釣られて脊髄せきずいが延びる からなんで、早く云うと背が延びると云うより壊こわれるんですからね」「それじゃ、まあ止やめよう」と主人 は断念する。
     演説の続きは、まだなかなか長くあって寒月君は首縊りの生理作用にまで論及するはずでいたが、迷亭が無暗 に風来坊ふうらいぼうのような珍語を挟はさむのと、主人が時々遠慮なく欠伸あくびをするので、ついに中途で やめて帰ってしまった。その晩は寒月君がいかなる態度で、いかなる雄弁を振ふるったか遠方で起った出来事の 事だから吾輩には知れよう訳がない。
     二三日にさんちは事もなく過ぎたが、或る日の午後二時頃また迷亭先生は例のごとく空々くうくうとして偶然 童子のごとく舞い込んで来た。座に着くと、いきなり「君、越智東風おちとうふうの高輪事件たかなわじけんを 聞いたかい」と旅順陥落の号外を知らせに来たほどの勢を示す。「知らん、近頃は合あわんから」と主人は平生 いつもの通り陰気である。「きょうはその東風子とうふうしの失策物語を御報道に及ぼうと思って忙しいところ をわざわざ来たんだよ」「またそんな仰山ぎょうさんな事を云う、君は全体不埒ふらちな男だ」「ハハハハハ不 埒と云わんよりむしろ無埒むらちの方だろう。それだけはちょっと区別しておいて貰わんと名誉に関係するから な」「おんなし事だ」と主人は嘯うそぶいている。純然たる天然居士の再来だ。「この前の日曜に東風子とうふ うしが高輪泉岳寺たかなわせんがくじに行ったんだそうだ。この寒いのによせばいいのに――第一今時いまどき 泉岳寺などへ参るのはさも東京を知らない、田舎者いなかもののようじゃないか」「それは東風の勝手さ。君が それを留める権利はない」「なるほど権利は正まさにない。権利はどうでもいいが、あの寺内に義士遺物保存会 と云う見世物があるだろう。君知ってるか」「うんにゃ」「知らない? だって泉岳寺へ行った事はあるだろう 」「いいや」「ない? こりゃ驚ろいた。道理で大変東風を弁護すると思った。江戸っ子が泉岳寺を知らないの は情なさけない」「知らなくても教師は務つとまるからな」と主人はいよいよ天然居士になる。「そりゃ好いが 、その展覧場へ東風が這入はいって見物していると、そこへ独逸人ドイツじんが夫婦連づれで来たんだって。そ れが最初は日本語で東風に何か質問したそうだ。ところが先生例の通り独逸語が使って見たくてたまらん男だろ う。そら二口三口べらべらやって見たとさ。すると存外うまく出来たんだ――あとで考えるとそれが災わざわい の本もとさね」「それからどうした」と主人はついに釣り込まれる。「独逸人が大鷹源吾おおたかげんごの蒔絵 まきえの印籠いんろうを見て、これを買いたいが売ってくれるだろうかと聞くんだそうだ。その時東風の返事が 面白いじゃないか、日本人は清廉の君子くんしばかりだから到底とうてい駄目だと云ったんだとさ。その辺は大 分だいぶ景気がよかったが、それから独逸人の方では恰好かっこうな通弁を得たつもりでしきりに聞くそうだ」 「何を?」「それがさ、何だか分るくらいなら心配はないんだが、早口で無暗むやみに問い掛けるものだから少 しも要領を得ないのさ。たまに分るかと思うと鳶口とびぐちや掛矢の事を聞かれる。西洋の鳶口や掛矢は先生何 と翻訳して善いのか習った事が無いんだから弱よわらあね」「もっともだ」と主人は教師の身の上に引き較くら べて同情を表する。「ところへ閑人ひまじんが物珍しそうにぽつぽつ集ってくる。仕舞しまいには東風と独逸人 を四方から取り巻いて見物する。東風は顔を赤くしてへどもどする。初めの勢に引き易かえて先生大弱りの体て いさ」「結局どうなったんだい」「仕舞に東風が我慢出来なくなったと見えてさいならと日本語で云ってぐんぐ ん帰って来たそうだ、さいならは少し変だ君の国ではさよならをさいならと云うかって聞いて見たら何やっぱり さよならですが相手が西洋人だから調和を計るために、さいならにしたんだって、東風子は苦しい時でも調和を 忘れない男だと感心した」「さいならはいいが西洋人はどうした」「西洋人はあっけに取られて茫然ぼうぜんと 見ていたそうだハハハハ面白いじゃないか」「別段面白い事もないようだ。それをわざわざ報知しらせに来る君 の方がよっぽど面白いぜ」と主人は巻煙草まきたばこの灰を火桶ひおけの中へはたき落す。折柄おりから格子戸 のベルが飛び上るほど鳴って「御免なさい」と鋭どい女の声がする。迷亭と主人は思わず顔を見合わせて沈黙す る。
     主人のうちへ女客は稀有けうだなと見ていると、かの鋭どい声の所有主は縮緬ちりめんの二枚重ねを畳へ擦す り付けながら這入はいって来る。年は四十の上を少し超こしたくらいだろう。抜け上った生はえ際ぎわから前髪 が堤防工事のように高く聳そびえて、少なくとも顔の長さの二分の一だけ天に向ってせり出している。眼が切り 通しの坂くらいな勾配こうばいで、直線に釣るし上げられて左右に対立する。直線とは鯨くじらより細いという 形容である。鼻だけは無暗に大きい。人の鼻を盗んで来て顔の真中へ据すえ付けたように見える。三坪ほどの小 庭へ招魂社しょうこんしゃの石灯籠いしどうろうを移した時のごとく、独ひとりで幅を利かしているが、何とな く落ちつかない。その鼻はいわゆる鍵鼻かぎばなで、ひと度たびは精一杯高くなって見たが、これではあんまり だと中途から謙遜けんそんして、先の方へ行くと、初めの勢に似ず垂れかかって、下にある唇を覗のぞき込んで いる。かく著いちじるしい鼻だから、この女が物を言うときは口が物を言うと云わんより、鼻が口をきいている としか思われない。吾輩はこの偉大なる鼻に敬意を表するため、以来はこの女を称して鼻子はなこ鼻子と呼ぶつ もりである。鼻子は先ず初対面の挨拶を終って「どうも結構な御住居おすまいですこと」と座敷中を睨ねめ廻わ す。主人は「嘘をつけ」と腹の中で言ったまま、ぷかぷか煙草たばこをふかす。迷亭は天井を見ながら「君、あ りゃ雨洩あまもりか、板の木目もくめか、妙な模様が出ているぜ」と暗に主人を促うながす。「無論雨の洩りさ 」と主人が答えると「結構だなあ」と迷亭がすまして云う。鼻子は社交を知らぬ人達だと腹の中で憤いきどおる 。しばらくは三人鼎坐ていざのまま無言である。
    「ちと伺いたい事があって、参ったんですが」と鼻子は再び話の口を切る。「はあ」と主人が極めて冷淡に受け る。これではならぬと鼻子は、「実は私はつい御近所で――あの向う横丁の角屋敷かどやしきなんですが」「あ の大きな西洋館の倉のあるうちですか、道理であすこには金田かねだと云う標札ひょうさつが出ていますな」と 主人はようやく金田の西洋館と、金田の倉を認識したようだが金田夫人に対する尊敬の度合どあいは前と同様で ある。「実は宿やどが出まして、御話を伺うんですが会社の方が大変忙がしいもんですから」と今度は少し利き いたろうという眼付をする。主人は一向いっこう動じない。鼻子の先刻さっきからの言葉遣いが初対面の女とし てはあまり存在ぞんざい過ぎるのですでに不平なのである。「会社でも一つじゃ無いんです、二つも三つも兼ね ているんです。それにどの会社でも重役なんで――多分御存知でしょうが」これでも恐れ入らぬかと云う顔付を する。元来ここの主人は博士とか大学教授とかいうと非常に恐縮する男であるが、妙な事には実業家に対する尊 敬の度は極めて低い。実業家よりも中学校の先生の方がえらいと信じている。よし信じておらんでも、融通の利 かぬ性質として、到底実業家、金満家の恩顧を蒙こうむる事は覚束おぼつかないと諦あきらめている。いくら先 方が勢力家でも、財産家でも、自分が世話になる見込のないと思い切った人の利害には極めて無頓着である。そ れだから学者社会を除いて他の方面の事には極めて迂濶うかつで、ことに実業界などでは、どこに、だれが何を しているか一向知らん。知っても尊敬畏服の念は毫ごうも起らんのである。鼻子の方では天あめが下したの一隅 にこんな変人がやはり日光に照らされて生活していようとは夢にも知らない。今まで世の中の人間にも大分だい ぶ接して見たが、金田の妻さいですと名乗って、急に取扱いの変らない場合はない、どこの会へ出ても、どんな 身分の高い人の前でも立派に金田夫人で通して行かれる、いわんやこんな燻くすぶり返った老書生においてをや で、私わたしの家うちは向う横丁の角屋敷かどやしきですとさえ云えば職業などは聞かぬ先から驚くだろうと予 期していたのである。
    「金田って人を知ってるか」と主人は無雑作むぞうさに迷亭に聞く。「知ってるとも、金田さんは僕の伯父の友 達だ。この間なんざ園遊会へおいでになった」と迷亭は真面目な返事をする。「へえ、君の伯父さんてえな誰だ い」「牧山男爵まきやまだんしゃくさ」と迷亭はいよいよ真面目である。主人が何か云おうとして云わぬ先に、 鼻子は急に向き直って迷亭の方を見る。迷亭は大島紬おおしまつむぎに古渡更紗こわたりさらさか何か重ねてす ましている。「おや、あなたが牧山様の――何でいらっしゃいますか、ちっとも存じませんで、はなはだ失礼を 致しました。牧山様には始終御世話になると、宿やどで毎々御噂おうわさを致しております」と急に叮嚀ていね いな言葉使をして、おまけに御辞儀までする、迷亭は「へええ何、ハハハハ」と笑っている。主人はあっ気けに 取られて無言で二人を見ている。「たしか娘の縁辺えんぺんの事につきましてもいろいろ牧山さまへ御心配を願 いましたそうで……」「へえー、そうですか」とこればかりは迷亭にもちと唐突とうとつ過ぎたと見えてちょっ と魂消たまげたような声を出す。「実は方々からくれくれと申し込はございますが、こちらの身分もあるもので ございますから、滅多めったな所とこへも片付けられませんので……」「ごもっともで」と迷亭はようやく安心 する。「それについて、あなたに伺おうと思って上がったんですがね」と鼻子は主人の方を見て急に存在ぞんざ いな言葉に返る。「あなたの所へ水島寒月みずしまかんげつという男が度々たびたび上がるそうですが、あの人 は全体どんな風な人でしょう」「寒月の事を聞いて、何なんにするんです」と主人は苦々にがにがしく云う。「 やはり御令嬢の御婚儀上の関係で、寒月君の性行せいこうの一斑いっぱんを御承知になりたいという訳でしょう 」と迷亭が気転を利きかす。「それが伺えれば大変都合が宜よろしいのでございますが……」「それじゃ、御令 嬢を寒月におやりになりたいとおっしゃるんで」「やりたいなんてえんじゃ無いんです」と鼻子は急に主人を参 らせる。「ほかにもだんだん口が有るんですから、無理に貰っていただかないだって困りゃしません」「それじ ゃ寒月の事なんか聞かんでも好いでしょう」と主人も躍起やっきとなる。「しかし御隠しなさる訳もないでしょ う」と鼻子も少々喧嘩腰になる。迷亭は双方の間に坐って、銀煙管ぎんぎせるを軍配団扇ぐんばいうちわのよう に持って、心の裡うちで八卦はっけよいやよいやと怒鳴っている。「じゃあ寒月の方で是非貰いたいとでも云っ たのですか」と主人が正面から鉄砲を喰くらわせる。「貰いたいと云ったんじゃないんですけれども……」「貰 いたいだろうと思っていらっしゃるんですか」と主人はこの婦人鉄砲に限ると覚さとったらしい。「話しはそん なに運んでるんじゃありませんが――寒月さんだって満更まんざら嬉しくない事もないでしょう」と土俵際で持 ち直す。「寒月が何かその御令嬢に恋着れんちゃくしたというような事でもありますか」あるなら云って見ろと 云う権幕けんまくで主人は反そり返る。「まあ、そんな見当けんとうでしょうね」今度は主人の鉄砲が少しも功 を奏しない。今まで面白気おもしろげに行司ぎょうじ気取りで見物していた迷亭も鼻子の一言いちごんに好奇心 を挑撥ちょうはつされたものと見えて、煙管きせるを置いて前へ乗り出す。「寒月が御嬢さんに付つけ文ぶみで もしたんですか、こりゃ愉快だ、新年になって逸話がまた一つ殖ふえて話しの好材料になる」と一人で喜んでい る。「付け文じゃないんです、もっと烈しいんでさあ、御二人とも御承知じゃありませんか」と鼻子は乙おつに からまって来る。「君知ってるか」と主人は狐付きのような顔をして迷亭に聞く。迷亭も馬鹿気ばかげた調子で 「僕は知らん、知っていりゃ君だ」とつまらんところで謙遜けんそんする。「いえ御両人共おふたりとも御存じ の事ですよ」と鼻子だけ大得意である。「へえー」と御両人は一度に感じ入る。「御忘れになったら私わたしか ら御話をしましょう。去年の暮向島の阿部さんの御屋敷で演奏会があって寒月さんも出掛けたじゃありませんか 、その晩帰りに吾妻橋あずまばしで何かあったでしょう――詳しい事は言いますまい、当人の御迷惑になるかも 知れませんから――あれだけの証拠がありゃ充分だと思いますが、どんなものでしょう」と金剛石ダイヤ入りの 指環の嵌はまった指を、膝の上へ併ならべて、つんと居ずまいを直す。偉大なる鼻がますます異彩を放って、迷 亭も主人も有れども無きがごとき有様である。

  17. #17
    Take the fcking keys away baseline bum's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Mar 2003
    Post Count
    93,883













































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































  18. #18
    LMAO koriwhat's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Jan 2008
    Post Count
    38,031
    you got the political forum to spread your lies...
    Sure bud... Keep spamming the board with your bull .

Thread Information

Users Browsing this Thread

There are currently 1 users browsing this thread. (0 members and 1 guests)

Posting Permissions

  • You may not post new threads
  • You may not post replies
  • You may not post attachments
  • You may not edit your posts
  •