Results 1 to 11 of 11
  1. #1
    W4A1 143 43CK? Nbadan's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Nov 2001
    Post Count
    32,408
    Winning its lawsuit by the SEC has changed the immediate future for crypto and the XRP supporters number in the millions

    The XRP Army has recently started unearthing video evidence of regulatory misconduct that strikes at both the SEC’s case and its public credibility, over and above what Ripple has presented in court. One video shows Hinman making it clear his 2018 speech was indeed intended to “guide the markets” and reflected “our thinking” at the SEC, contradicting both an affidavit and his deposition. More recently, several embarrassing videos of then-SEC Commissioner Robert Jackson have surfaced showing him energetically asserting that not only that Hinman’s speech was market guidance, but that all such guidance was intended by then-Chairman Jay Clayton as regulatory clarity in place of “slow-moving” formal rulemaking. In another, Jackson insists that Clayton viewed all ICOs as securities, throwing more scrutiny on Hinman’s speech and the SEC’s inaction with Ethereum’s ICO. Another video of 2019 conference shows Hinman’s then-deputy at the SEC, Amy Starr, and Coinbase counsel Dorothy Dewitt indicating that the exchange and the SEC have a “framework” on whether to list certain tokens or not based on their status as unregistered securities. It so happens that Coinbase listed XRP that same year. Taken together, the momentum of this crowd-sourced activism hints at how excruciating a trial might be for the SEC and all the current and former officials entangled in the case.

  2. #2
    W4A1 143 43CK? Nbadan's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Nov 2001
    Post Count
    32,408
    o Deaton did more digging. And thanks to Twitter influencers like DAI and Kimes, the soldiers of XRP Army began to hunt for more evidence. Deaton called it “decentralized justice.” They found old videos from crypto conferences. They unearthed obscure footage from meet-ups. And they dragged up evidence that many in the Ethereum community, almost certainly, would prefer to leave under the carpet.
    After pulling the disclosures that must be made by federal employees, Deaton found that “In less than four years at the SEC, [Bill Hinman] collected $15 million from Simpson Thacher.” Simpson Thacher is a law firm. This is relevant for two reasons: Hinman worked for Simpson Thacher before and after his tenure at the SEC; and Simpson Thacher was part of the Enterprise Ethereum Alliance (EEA), a “member-led industry organization whose objective is to drive the use of Enterprise Ethereum.” And this is no longer just Deaton and the XRP Army making allegations. Empower Oversight, a non-profit watchdog devoted to government transparency, noted “clear conflicts of interest” and sued the SEC, demanding that any do ents related to Simpson Thacher be revealed.

  3. #3
    Savvy Veteran spurraider21's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Apr 2012
    Post Count
    97,357
    more failed crypto threads

    if this is all you're gonna be doing, it might be time to dust off elnono's filter tool and make some additions to it

  4. #4
    W4A1 143 43CK? Nbadan's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Nov 2001
    Post Count
    32,408
    you still have threads in the front page of the forum from 2022 and your criticizing me?

    Great News......Coinbase has made the SEC look stupid again

    “This is a setback to the SEC,” said Brent Xu, CEO and co-founder of Umee. “The CFTC has essentially said that Coinbase is a fully legitimate actor in the United States at a time when the SEC is saying that the exchange is not.”

    In the same week in June, the regulator aimed massive enforcement actions at both Binance and Coinbase, declaring their fundamental business models violated U.S. securities law. Now, the SEC is fighting a multifront court battle with crypto firms about how to define unregistered crypto securities and illegal exchanges.

    Coinbase denied the SEC’s allegations, arguing that they shouldn’t even apply. The new CFTC status doesn’t offer any new legal defense for the company in that dispute.

    But the derivatives agency allowing a crypto-native company to join the ranks of traditional firms is a sign that the SEC is “out of step,” said Zachary Townsend, co-founder and CEO of Meanwhile, arguing that the CFTC is “moving in the exact opposite direction” as its sister regulator.

    Still, crypto skeptics in Congress and consumer groups welcome SEC scrutiny on the industry. Todd Phillips, a former government lawyer and consumer advocate who teaches at Georgia State University, said the CFTC allowing major crypto exchange Coinbase to also be an FCM is illustrating a danger common across the industry.

    “There are big concerns when firms control transactions from soup to nuts,” Phillips said. “That applies to Coinbase as well as traditional firms like NYSE. Owning brokers, exchanges and clearinghouses can raise costs for traders and makes market manipulation more possible.”

  5. #5
    W4A1 143 43CK? Nbadan's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Nov 2001
    Post Count
    32,408
    EC’s mistake in the interlocutory appeal

    Explaining, Beuke pointed out that the SEC needed to successfully demonstrate that a reasonable retail investor would have believed they depended on Ripple’s endeavors for profits. The SEC’s argument rested on selectively chosen statements from Ripple and specific employees but failed to prove its scope substantially. Furthermore, the SEC did not present evidence of even a single XRP holder who claimed to rely on Ripple to increase XRP’s value. Despite attempting to utilize expert testimony, this evidence was dismissed.

    The SEC also did not attempt to counter Deaton’s affidavits from the XRP community, but still, it was a miss. Ordinarily, when a party appeals to a final decision, they can interpret it in a way that suits their interests, and the issuing court doesn’t get an opportunity to elucidate or clarify. An essential concept for individuals without legal expertise, but not always in the forefront of their minds, is the general rule that no fresh evidence or novel legal arguments are admissible during an appeal. The existing record constrains the SEC and will have minimal evidence to reference on appeal regarding reasonable retail buyers, Beuke said.

    In essence, this implies that when the case eventually reaches the 2nd Circuit for appeal, the 2nd Circuit might even lean towards concurring with the SEC’s foundational case theory, Beuke continued. However, it will be unmistakably clear that Judge Torres’ decision was grounded in the undisputed factual account, which highlights a con uous absence of evidence from the SEC concerning the perceptions of the retail investors it was mandated to consider but consistently downplayed and found itself at odds with throughout the legal process.
    https://www.msn.com/en-us/money/mark...836517b0&ei=22

  6. #6
    W4A1 143 43CK? Nbadan's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Nov 2001
    Post Count
    32,408
    The logic of this ruling supports the idea that tokens offered in a decentralized manner, via exchange sales, IDOs, and other indirect methods, would probably not be interpreted as securities contracts.


    The bad news for Ripple is that the judgment maintained that its earlier sales of XRP to ins utions, which were based on direct contracts signed with the company, can be considered as securities offerings. This is not the final say on the matter: the ruling essentially states that the “ins utional sales” part of the lawsuit can advance into a full trial, while programmatic sales will be left out of scope.

  7. #7
    W4A1 143 43CK? Nbadan's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Nov 2001
    Post Count
    32,408
    The ruling seems to indicate that the decentralized offerings of tokens can now prosper, as there is more certainty about them being “kosher” for regulators. The ins utional part of the funding model is now less safe, although there will likely be ways to cir vent these issues as well (for example, by focusing on providing funding for equity instead of tokens).

    The bottom line is: expect more altcoins to be launched with “programmatic” sales, which will be available to regular people to participate in the early days. This would be a renaissance for the sector, likely sparking growth for the entire market.

  8. #8
    W4A1 143 43CK? Nbadan's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Nov 2001
    Post Count
    32,408
    However, it’s important to keep in mind that Ripple hasn’t won yet. Of the $1.3 billion in XRP that the SEC alleges that Ripple illegally sold, over $700 million were through ins utional sales. This means that if the trial goes awry, at the very least, this money would have to be “disgorged,” or returned, in addition to likely fines.

    This is a long-term outlook: it took three years to get to this interim point, so XRP still has plenty of breathing room left. Few would’ve expected even this kind of partial victory, so the prospects are certainly much more hopeful than they were years ago.

    The project continues to develop and secure new partnerships, with the most recent one being with the famous motorcycle company Ducati.


    Whether XRP will continue to recover here is unknown. The most optimistic path would be if Ripple and the SEC settled, conclusively eliminating the massive legal threat to the project (likely for a generous cash payment). If no settlement is in sight, the prospects for XRP will be situational, depending on crypto market sentiment and potential adoption initiatives.

  9. #9
    Take the fcking keys away baseline bum's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Mar 2003
    Post Count
    94,486


     吾輩は新年来多少有名になったので、猫ながらちょっと鼻が高く感ぜらるるのはありがたい。
     元朝早々主人の許もとへ一枚の絵端書えはがきが来た。これは彼の交友某画家からの年始状であるが、上部を 赤、下部を深緑ふかみどりで塗って、その真中に一の動物が蹲踞うずくまっているところをパステルで書いてあ る。主人は例の書斎でこの絵を、横から見たり、竪たてから眺めたりして、うまい色だなという。すでに一応感 服したものだから、もうやめにするかと思うとやはり横から見たり、竪から見たりしている。からだを拗ねじ向 けたり、手を延ばして年寄が三世相さんぜそうを見るようにしたり、または窓の方へむいて鼻の先まで持って来 たりして見ている。早くやめてくれないと膝ひざが揺れて険呑けんのんでたまらない。ようやくの事で動揺があ まり劇はげしくなくなったと思ったら、小さな声で一体何をかいたのだろうと云いう。主人は絵端書の色には感 服したが、かいてある動物の正体が分らぬので、さっきから苦心をしたものと見える。そんな分らぬ絵端書かと 思いながら、寝ていた眼を上品に半なかば開いて、落ちつき払って見ると紛まぎれもない、自分の肖像だ。主人 のようにアンドレア・デル・サルトを極きめ込んだものでもあるまいが、画家だけに形体も色彩もちゃんと整っ て出来ている。誰が見たって猫に相違ない。少し眼識のあるものなら、猫の中うちでも他ほかの猫じゃない吾輩 である事が判然とわかるように立派に描かいてある。このくらい明瞭な事を分らずにかくまで苦心するかと思う と、少し人間が気の毒になる。出来る事ならその絵が吾輩であると云う事を知らしてやりたい。吾輩であると云 う事はよし分らないにしても、せめて猫であるという事だけは分らしてやりたい。しかし人間というものは到底 とうてい吾輩猫属ねこぞくの言語を解し得るくらいに天の恵めぐみに浴しておらん動物であるから、残念ながら そのままにしておいた。
     ちょっと読者に断っておきたいが、元来人間が何ぞというと猫々と、事もなげに軽侮の口調をもって吾輩を評 価する癖があるははなはだよくない。人間の糟かすから牛と馬が出来て、牛と馬の糞から猫が製造されたごとく 考えるのは、自分の無智に心付かんで高慢な顔をする教師などにはありがちの事でもあろうが、はたから見てあ まり見っともいい者じゃない。いくら猫だって、そう粗末簡便には出来ぬ。よそ目には一列一体、平等無差別、 どの猫も自家固有の特色などはないようであるが、猫の社会に這入はいって見るとなかなか複雑なもので十人十 色といろという人間界の語ことばはそのままここにも応用が出来るのである。目付でも、鼻付でも、毛並でも、 足並でも、みんな違う。髯ひげの張り具合から耳の立ち按排あんばい、尻尾しっぽの垂れ加減に至るまで同じも のは一つもない。器量、不器量、好き嫌い、粋無粋すいぶすいの数かずを悉つくして千差万別と云っても差支え ないくらいである。そのように判然たる区別が存しているにもかかわらず、人間の眼はただ向上とか何とかいっ て、空ばかり見ているものだから、吾輩の性質は無論相貌そうぼうの末を識別する事すら到底出来ぬのは気の毒 だ。同類相求むとは昔むかしからある語ことばだそうだがその通り、餅屋もちやは餅屋、猫は猫で、猫の事なら やはり猫でなくては分らぬ。いくら人間が発達したってこればかりは駄目である。いわんや実際をいうと彼等が 自みずから信じているごとくえらくも何ともないのだからなおさらむずかしい。またいわんや同情に乏しい吾輩 の主人のごときは、相互を残りなく解するというが愛の第一義であるということすら分らない男なのだから仕方 がない。彼は性の悪い牡蠣かきのごとく書斎に吸い付いて、かつて外界に向って口を開ひらいた事がない。それ で自分だけはすこぶる達観したような面構つらがまえをしているのはちょっとおかしい。達観しない証拠には現 に吾輩の肖像が眼の前にあるのに少しも悟った様子もなく今年は征露の第二年目だから大方熊の画えだろうなど と気の知れぬことをいってすましているのでもわかる。
     吾輩が主人の膝ひざの上で眼をねむりながらかく考えていると、やがて下女が第二の絵端書えはがきを持って 来た。見ると活版で舶来の猫が四五疋ひきずらりと行列してペンを握ったり書物を開いたり勉強をしている。そ の内の一疋は席を離れて机の角で西洋の猫じゃ猫じゃを躍おどっている。その上に日本の墨で「吾輩は猫である 」と黒々とかいて、右の側わきに書を読むや躍おどるや猫の春一日はるひとひという俳句さえ認したためられて ある。これは主人の旧門下生より来たので誰が見たって一見して意味がわかるはずであるのに、迂濶うかつな主 人はまだ悟らないと見えて不思議そうに首を捻ひねって、はてな今年は猫の年かなと独言ひとりごとを言った。 吾輩がこれほど有名になったのを未まだ気が着かずにいると見える。
     ところへ下女がまた第三の端書を持ってくる。今度は絵端書ではない。恭賀新年とかいて、傍かたわらに乍恐 縮きょうしゅくながらかの猫へも宜よろしく御伝声ごでんせい奉願上候ねがいあげたてまつりそろとある。いか に迂遠うえんな主人でもこう明らさまに書いてあれば分るものと見えてようやく気が付いたようにフンと言いな がら吾輩の顔を見た。その眼付が今までとは違って多少尊敬の意を含んでいるように思われた。今まで世間から 存在を認められなかった主人が急に一個の新面目しんめんぼくを施こしたのも、全く吾輩の御蔭だと思えばこの くらいの眼付は至当だろうと考える。
     おりから門の格子こうしがチリン、チリン、チリリリリンと鳴る。大方来客であろう、来客なら下女が取次に 出る。吾輩は肴屋さかなやの梅公がくる時のほかは出ない事に極きめているのだから、平気で、もとのごとく主 人の膝に坐っておった。すると主人は高利貸にでも飛び込まれたように不安な顔付をして玄関の方を見る。何で も年賀の客を受けて酒の相手をするのが厭らしい。人間もこのくらい偏屈へんくつになれば申し分はない。そん なら早くから外出でもすればよいのにそれほどの勇気も無い。いよいよ牡蠣の根性こんじょうをあらわしている 。しばらくすると下女が来て寒月かんげつさんがおいでになりましたという。この寒月という男はやはり主人の 旧門下生であったそうだが、今では学校を卒業して、何でも主人より立派になっているという話はなしである。 この男がどういう訳か、よく主人の所へ遊びに来る。来ると自分を恋おもっている女が有りそうな、無さそうな 、世の中が面白そうな、つまらなそうな、凄すごいような艶つやっぽいような文句ばかり並べては帰る。主人の ようなしなびかけた人間を求めて、わざわざこんな話しをしに来るのからして合点がてんが行かぬが、あの牡蠣 的かきてき主人がそんな談話を聞いて時々相槌あいづちを打つのはなお面白い。
    「しばらく御無沙汰をしました。実は去年の暮から大おおいに活動しているものですから、出でよう出ようと思 っても、ついこの方角へ足が向かないので」と羽織の紐ひもをひねくりながら謎なぞ見たような事をいう。「ど っちの方角へ足が向くかね」と主人は真面目な顔をして、黒木綿くろもめんの紋付羽織の袖口そでぐちを引張る 。この羽織は木綿でゆきが短かい、下からべんべら者が左右へ五分くらいずつはみ出している。「エヘヘヘ少し 違った方角で」と寒月君が笑う。見ると今日は前歯が一枚欠けている。「君歯をどうかしたかね」と主人は問題 を転じた。「ええ実はある所で椎茸しいたけを食いましてね」「何を食ったって?」「その、少し椎茸を食った んで。椎茸の傘かさを前歯で噛み切ろうとしたらぼろりと歯が欠けましたよ」「椎茸で前歯がかけるなんざ、何 だか爺々臭じじいくさいね。俳句にはなるかも知れないが、恋にはならんようだな」と平手で吾輩の頭を軽かろ く叩く。「ああその猫が例のですか、なかなか肥ってるじゃありませんか、それなら車屋の黒にだって負けそう もありませんね、立派なものだ」と寒月君は大おおいに吾輩を賞ほめる。「近頃大分だいぶ大きくなったのさ」 と自慢そうに頭をぽかぽかなぐる。賞められたのは得意であるが頭が少々痛い。「一昨夜もちょいと合奏会をや りましてね」と寒月君はまた話しをもとへ戻す。「どこで」「どこでもそりゃ御聞きにならんでもよいでしょう 。ヴァイオリンが三挺ちょうとピヤノの伴奏でなかなか面白かったです。ヴァイオリンも三挺くらいになると下 手でも聞かれるものですね。二人は女で私わたしがその中へまじりましたが、自分でも善く弾ひけたと思いまし た」「ふん、そしてその女というのは何者かね」と主人は羨うらやましそうに問いかける。元来主人は平常枯木 寒巌こぼくかんがんのような顔付はしているものの実のところは決して婦人に冷淡な方ではない、かつて西洋の 或る小説を読んだら、その中にある一人物が出て来て、それが大抵の婦人には必ずちょっと惚ほれる。勘定をし て見ると往来を通る婦人の七割弱には恋着れんちゃくするという事が諷刺的ふうしてきに書いてあったのを見て 、これは真理だと感心したくらいな男である。そんな浮気な男が何故なぜ牡蠣的生涯を送っているかと云うのは 吾輩猫などには到底とうてい分らない。或人は失恋のためだとも云うし、或人は胃弱のせいだとも云うし、また 或人は金がなくて臆病な性質たちだからだとも云う。どっちにしたって明治の歴史に関係するほどな人物でもな いのだから構わない。しかし寒月君の女連おんなづれを羨まし気げに尋ねた事だけは事実である。寒月君は面白 そうに口取くちとりの蒲鉾かまぼこを箸で挟んで半分前歯で食い切った。吾輩はまた欠けはせぬかと心配したが 今度は大丈夫であった。「なに二人とも去さる所の令嬢ですよ、御存じの方かたじゃありません」と余所余所よ そよそしい返事をする。「ナール」と主人は引張ったが「ほど」を略して考えている。寒月君はもう善いい加減 な時分だと思ったものか「どうも好い天気ですな、御閑おひまならごいっしょに散歩でもしましょうか、旅順が 落ちたので市中は大変な景気ですよ」と促うながして見る。主人は旅順の陥落より女連おんなづれの身元を聞き たいと云う顔で、しばらく考え込んでいたがようやく決心をしたものと見えて「それじゃ出るとしよう」と思い 切って立つ。やはり黒木綿の紋付羽織に、兄の紀念かたみとかいう二十年来着古きふるした結城紬ゆうきつむぎ の綿入を着たままである。いくら結城紬が丈夫だって、こう着つづけではたまらない。所々が薄くなって日に透 かして見ると裏からつぎを当てた針の目が見える。主人の服装には師走しわすも正月もない。ふだん着も余所よ そゆきもない。出るときは懐手ふところでをしてぶらりと出る。ほかに着る物がないからか、有っても面倒だか ら着換えないのか、吾輩には分らぬ。ただしこれだけは失恋のためとも思われない。
     両人ふたりが出て行ったあとで、吾輩はちょっと失敬して寒月君の食い切った蒲鉾かまぼこの残りを頂戴ちょ うだいした。吾輩もこの頃では普通一般の猫ではない。まず桃川如燕ももかわじょえん以後の猫か、グレーの金 魚を偸ぬすんだ猫くらいの資格は充分あると思う。車屋の黒などは固もとより眼中にない。蒲鉾の一切ひときれ くらい頂戴したって人からかれこれ云われる事もなかろう。それにこの人目を忍んで間食かんしょくをするとい う癖は、何も吾等猫族に限った事ではない。うちの御三おさんなどはよく細君の留守中に餅菓子などを失敬して は頂戴し、頂戴しては失敬している。御三ばかりじゃない現に上品な仕付しつけを受けつつあると細君から吹聴 ふいちょうせられている小児こどもですらこの傾向がある。四五日前のことであったが、二人の小供が馬鹿に早 くから眼を覚まして、まだ主人夫婦の寝ている間に対むかい合うて食卓に着いた。彼等は毎朝主人の食う麺麭パ ンの幾分に、砂糖をつけて食うのが例であるが、この日はちょうど砂糖壺さとうつぼが卓たくの上に置かれて匙 さじさえ添えてあった。いつものように砂糖を分配してくれるものがないので、大きい方がやがて壺の中から一 匙ひとさじの砂糖をすくい出して自分の皿の上へあけた。すると小さいのが姉のした通り同分量の砂糖を同方法 で自分の皿の上にあけた。少しばらく両人りょうにんは睨にらみ合っていたが、大きいのがまた匙をとって一杯 をわが皿の上に加えた。小さいのもすぐ匙をとってわが分量を姉と同一にした。すると姉がまた一杯すくった。 妹も負けずに一杯を附加した。姉がまた壺へ手を懸ける、妹がまた匙をとる。見ている間まに一杯一杯一杯と重 なって、ついには両人ふたりの皿には山盛の砂糖が堆うずたかくなって、壺の中には一匙の砂糖も余っておらん ようになったとき、主人が寝ぼけ眼まなこを擦こすりながら寝室を出て来てせっかくしゃくい出した砂糖を元の ごとく壺の中へ入れてしまった。こんなところを見ると、人間は利己主義から割り出した公平という念は猫より 優まさっているかも知れぬが、智慧ちえはかえって猫より劣っているようだ。そんなに山盛にしないうちに早く 甞なめてしまえばいいにと思ったが、例のごとく、吾輩の言う事などは通じないのだから、気の毒ながら御櫃お はちの上から黙って見物していた。
     寒月君と出掛けた主人はどこをどう歩行あるいたものか、その晩遅く帰って来て、翌日食卓に就ついたのは九 時頃であった。例の御櫃の上から拝見していると、主人はだまって雑煮ぞうにを食っている。代えては食い、代 えては食う。餅の切れは小さいが、何でも六切むきれか七切ななきれ食って、最後の一切れを椀の中へ残して、 もうよそうと箸はしを置いた。他人がそんな我儘わがままをすると、なかなか承知しないのであるが、主人の威 光を振り廻わして得意なる彼は、濁った汁の中に焦こげ爛ただれた餅の死骸を見て平気ですましている。妻君が 袋戸ふくろどの奥からタカジヤスターゼを出して卓の上に置くと、主人は「それは利きかないから飲まん」とい う。「でもあなた澱粉質でんぷんしつのものには大変功能があるそうですから、召し上ったらいいでしょう」と 飲ませたがる。「澱粉だろうが何だろうが駄目だよ」と頑固がんこに出る。「あなたはほんとに厭あきっぽい」 と細君が独言ひとりごとのようにいう。「厭きっぽいのじゃない薬が利かんのだ」「それだってせんだってじゅ うは大変によく利くよく利くとおっしゃって毎日毎日上ったじゃありませんか」「こないだうちは利いたのだよ 、この頃は利かないのだよ」と対句ついくのような返事をする。「そんなに飲んだり止やめたりしちゃ、いくら 功能のある薬でも利く気遣きづかいはありません、もう少し辛防しんぼうがよくなくっちゃあ胃弱なんぞはほか の病気たあ違って直らないわねえ」とお盆を持って控えた御三おさんを顧みる。「それは本当のところでござい ます。もう少し召し上ってご覧にならないと、とても善よい薬か悪い薬かわかりますまい」と御三は一も二もな く細君の肩を持つ。「何でもいい、飲まんのだから飲まんのだ、女なんかに何がわかるものか、黙っていろ」「 どうせ女ですわ」と細君がタカジヤスターゼを主人の前へ突き付けて是非詰腹つめばらを切らせようとする。主 人は何にも云わず立って書斎へ這入はいる。細君と御三は顔を見合せてにやにやと笑う。こんなときに後あとか らくっ付いて行って膝ひざの上へ乗ると、大変な目に逢あわされるから、そっと庭から廻って書斎の椽側へ上あ がって障子の隙すきから覗のぞいて見ると、主人はエピクテタスとか云う人の本を披ひらいて見ておった。もし それが平常いつもの通りわかるならちょっとえらいところがある。五六分するとその本を叩たたき付けるように 机の上へ抛ほうり出す。大方そんな事だろうと思いながらなお注意していると、今度は日記帳を出して下しもの ような事を書きつけた。
    寒月と、根津、上野、池いけの端はた、神田辺へんを散歩。池の端の待合の前で芸者が裾模様の春着はるぎをき て羽根をついていた。衣装いしょうは美しいが顔はすこぶるまずい。何となくうちの猫に似ていた 。
     何も顔のまずい例に特に吾輩を出さなくっても、よさそうなものだ。吾輩だって喜多床きたどこへ行って顔さ え剃すって貰もらやあ、そんなに人間と異ちがったところはありゃしない。人間はこう自惚うぬぼれているから 困る。
    宝丹ほうたんの角かどを曲るとまた一人芸者が来た。これは背せいのすらりとした撫肩なでがたの恰好かっこう よく出来上った女で、着ている薄紫の衣服きものも素直に着こなされて上品に見えた。白い歯を出して笑いなが ら「源ちゃん昨夕ゆうべは――つい忙がしかったもんだから」と云った。ただしその声は旅鴉たびがらすのごと く皺枯しゃがれておったので、せっかくの風采ふうさいも大おおいに下落したように感ぜられたから、いわゆる 源ちゃんなるもののいかなる人なるかを振り向いて見るも面倒になって、懐手ふところでのまま御成道おなりみ ちへ出た。寒月は何となくそわそわしているごとく見えた。
     人間の心理ほど解げし難いものはない。この主人の今の心は怒おこっているのだか、浮かれているのだか、ま たは哲人の遺書に一道いちどうの慰安を求めつつあるのか、ちっとも分らない。世の中を冷笑しているのか、世 の中へ交まじりたいのだか、くだらぬ事に肝癪かんしゃくを起しているのか、物外ぶつがいに超然ちょうぜんと しているのだかさっぱり見当けんとうが付かぬ。猫などはそこへ行くと単純なものだ。食いたければ食い、寝た ければ寝る、怒おこるときは一生懸命に怒り、泣くときは絶体絶命に泣く。第一日記などという無用のものは決 してつけない。つける必要がないからである。主人のように裏表のある人間は日記でも書いて世間に出されない 自己の面目を暗室内に発揮する必要があるかも知れないが、我等猫属ねこぞくに至ると行住坐臥ぎょうじゅうざ が、行屎送尿こうしそうにょうことごとく真正の日記であるから、別段そんな面倒な手数てかずをして、己おの れの真面目しんめんもくを保存するには及ばぬと思う。日記をつけるひまがあるなら椽側に寝ているまでの事さ 。
    神田の某亭で晩餐ばんさんを食う。久し振りで正宗を二三杯飲んだら、今朝は胃の具合が大変いい。胃弱には晩 酌が一番だと思う。タカジヤスターゼは無論いかん。誰が何と云っても駄目だ。どうしたって利きかないものは 利かないのだ。
     無暗むやみにタカジヤスターゼを攻撃する。独りで喧嘩をしているようだ。今朝の肝癪がちょっとここへ尾を 出す。人間の日記の本色はこう云う辺へんに存するのかも知れない。
    せんだって○○は朝飯あさめしを廃すると胃がよくなると云うたから二三日にさんち朝飯をやめて見たが腹がぐ うぐう鳴るばかりで功能はない。△△は是非香こうの物ものを断たてと忠告した。彼の説によるとすべて胃病の 源因は漬物にある。漬物さえ断てば胃病の源を涸からす訳だから本復は疑なしという論法であった。それから一 週間ばかり香の物に箸はしを触れなかったが別段の験げんも見えなかったから近頃はまた食い出した。××に聞 くとそれは按腹あんぷく揉療治もみりょうじに限る。ただし普通のではゆかぬ。皆川流みながわりゅうという古 流な揉もみ方で一二度やらせれば大抵の胃病は根治出来る。安井息軒やすいそっけんも大変この按摩術あんまじ ゅつを愛していた。坂本竜馬さかもとりょうまのような豪傑でも時々は治療をうけたと云うから、早速上根岸か みねぎしまで出掛けて揉もまして見た。ところが骨を揉もまなければ癒なおらぬとか、臓腑の位置を一度顛倒て んとうしなければ根治がしにくいとかいって、それはそれは残酷な揉もみ方をやる。後で身体が綿のようになっ て昏睡病こんすいびょうにかかったような心持ちがしたので、一度で閉口してやめにした。A君は是非固形体を 食うなという。それから、一日牛乳ばかり飲んで暮して見たが、この時は腸の中でどぼりどぼりと音がして大水 でも出たように思われて終夜眠れなかった。B氏は横膈膜おうかくまくで呼吸して内臓を運動させれば自然と胃 の働きが健全になる訳だから試しにやって御覧という。これも多少やったが何となく腹中ふくちゅうが不安で困 る。それに時々思い出したように一心不乱にかかりはするものの五六分立つと忘れてしまう。忘れまいとすると 横膈膜が気になって本を読む事も文章をかく事も出来ぬ。美学者の迷亭めいていがこの体ていを見て、産気さん けのついた男じゃあるまいし止よすがいいと冷かしたからこの頃は廃よしてしまった。C先生は蕎麦そばを食っ たらよかろうと云うから、早速かけともりをかわるがわる食ったが、これは腹が下くだるばかりで何等の功能も なかった。余は年来の胃弱を直すために出来得る限りの方法を講じて見たがすべて駄目である。ただ昨夜ゆうべ 寒月と傾けた三杯の正宗はたしかに利目ききめがある。これからは毎晩二三杯ずつ飲む事にしよう 。
     これも決して長く続く事はあるまい。主人の心は吾輩の眼球めだまのように間断なく変化している。何をやっ ても永持ながもちのしない男である。その上日記の上で胃病をこんなに心配している癖に、表向は大おおいに痩 我慢をするからおかしい。せんだってその友人で某なにがしという学者が尋ねて来て、一種の見地から、すべて の病気は父祖の罪悪と自己の罪悪の結果にほかならないと云う議論をした。大分だいぶ研究したものと見えて、 条理が明晰めいせきで秩序が整然として立派な説であった。気の毒ながらうちの主人などは到底これを反駁はん ばくするほどの頭脳も学問もないのである。しかし自分が胃病で苦しんでいる際さいだから、何とかかんとか弁 解をして自己の面目を保とうと思った者と見えて、「君の説は面白いが、あのカーライルは胃弱だったぜ」とあ たかもカーライルが胃弱だから自分の胃弱も名誉であると云ったような、見当違いの挨拶をした。すると友人は 「カーライルが胃弱だって、胃弱の病人が必ずカーライルにはなれないさ」と極きめ付けたので主人は黙然もく ねんとしていた。かくのごとく虚栄心に富んでいるものの実際はやはり胃弱でない方がいいと見えて、今夜から 晩酌を始めるなどというのはちょっと滑稽だ。考えて見ると今朝雑煮ぞうにをあんなにたくさん食ったのも昨夜 ゆうべ寒月君と正宗をひっくり返した影響かも知れない。吾輩もちょっと雑煮が食って見たくなっ た。
     吾輩は猫ではあるが大抵のものは食う。車屋の黒のように横丁の肴屋さかなやまで遠征をする気力はないし、 新道しんみちの二絃琴にげんきんの師匠の所とこの三毛みけのように贅沢ぜいたくは無論云える身分でない。従 って存外嫌きらいは少ない方だ。小供の食いこぼした麺麭パンも食うし、餅菓子の※(「飮のへん+稻のつくり 」、第4水準2-92-68)あんもなめる。香こうの物ものはすこぶるまずいが経験のため沢庵たくあんを二切ばかりやった事がある 。食って見ると妙なもので、大抵のものは食える。あれは嫌いやだ、これは嫌だと云うのは贅沢ぜいたくな我儘 で到底教師の家うちにいる猫などの口にすべきところでない。主人の話しによると仏蘭西フランスにバルザック という小説家があったそうだ。この男が大の贅沢ぜいたく屋で――もっともこれは口の贅沢屋ではない、小説家 だけに文章の贅沢を尽したという事である。バルザックが或る日自分の書いている小説中の人間の名をつけよう と思っていろいろつけて見たが、どうしても気に入らない。ところへ友人が遊びに来たのでいっしょに散歩に出 掛けた。友人は固もとより何なんにも知らずに連れ出されたのであるが、バルザックは兼かねて自分の苦心して いる名を目付めつけようという考えだから往来へ出ると何もしないで店先の看板ばかり見て歩行あるいている。 ところがやはり気に入った名がない。友人を連れて無暗むやみにあるく。友人は訳がわからずにくっ付いて行く 。彼等はついに朝から晩まで巴理パリを探険した。その帰りがけにバルザックはふとある裁縫屋の看板が目につ いた。見るとその看板にマーカスという名がかいてある。バルザックは手を拍うって「これだこれだこれに限る 。マーカスは好い名じゃないか。マーカスの上へZという頭文字をつける、すると申し分ぶんのない名が出来る 。Zでなくてはいかん。Z. Marcus は実にうまい。どうも自分で作った名はうまくつけたつもりでも何となく故意わざとらしいところがあって面白 くない。ようやくの事で気に入った名が出来た」と友人の迷惑はまるで忘れて、一人嬉しがったというが、小説 中の人間の名前をつけるに一日いちんち巴理パリを探険しなくてはならぬようでは随分手数てすうのかかる話だ 。贅沢もこのくらい出来れば結構なものだが吾輩のように牡蠣的かきてき主人を持つ身の上ではとてもそんな気 は出ない。何でもいい、食えさえすれば、という気になるのも境遇のしからしむるところであろう。だから今雑 煮ぞうにが食いたくなったのも決して贅沢の結果ではない、何でも食える時に食っておこうという考から、主人 の食い剰あました雑煮がもしや台所に残っていはすまいかと思い出したからである。……台所へ廻 って見る。
     今朝見た通りの餅が、今朝見た通りの色で椀の底に膠着こうちゃくしている。白状するが餅というものは今ま で一辺ぺんも口に入れた事がない。見るとうまそうにもあるし、また少しは気味きびがわるくもある。前足で上 にかかっている菜っ葉を掻かき寄せる。爪を見ると餅の上皮うわかわが引き掛ってねばねばする。嗅かいで見る と釜の底の飯を御櫃おはちへ移す時のような香においがする。食おうかな、やめようかな、とあたりを見廻す。 幸か不幸か誰もいない。御三おさんは暮も春も同じような顔をして羽根をついている。小供は奥座敷で「何とお っしゃる兎さん」を歌っている。食うとすれば今だ。もしこの機をはずすと来年までは餅というものの味を知ら ずに暮してしまわねばならぬ。吾輩はこの刹那せつなに猫ながら一の真理を感得した。「得難き機会はすべての 動物をして、好まざる事をも敢てせしむ」吾輩は実を云うとそんなに雑煮を食いたくはないのである。否椀底わ んていの様子を熟視すればするほど気味きびが悪くなって、食うのが厭になったのである。この時もし御三でも 勝手口を開けたなら、奥の小供の足音がこちらへ近付くのを聞き得たなら、吾輩は惜気おしげもなく椀を見棄て たろう、しかも雑煮の事は来年まで念頭に浮ばなかったろう。ところが誰も来ない、いくら※(「足へん+厨」 、第3水準1-92-39)躇ちゅうちょしていても誰も来ない。早く食わぬか食わぬかと催促されるような心持がする。吾輩は椀の 中を覗のぞき込みながら、早く誰か来てくれればいいと念じた。やはり誰も来てくれない。吾輩はとうとう雑煮 を食わなければならぬ。最後にからだ全体の重量を椀の底へ落すようにして、あぐりと餅の角を一寸いっすんば かり食い込んだ。このくらい力を込めて食い付いたのだから、大抵なものなら噛かみ切れる訳だが、驚いた!  もうよかろうと思って歯を引こうとすると引けない。もう一辺ぺん噛み直そうとすると動きがとれない。餅は魔 物だなと疳かんづいた時はすでに遅かった。沼へでも落ちた人が足を抜こうと焦慮あせるたびにぶくぶく深く沈 むように、噛めば噛むほど口が重くなる、歯が動かなくなる。歯答えはあるが、歯答えがあるだけでどうしても 始末をつける事が出来ない。美学者迷亭先生がかつて吾輩の主人を評して君は割り切れない男だといった事があ るが、なるほどうまい事をいったものだ。この餅も主人と同じようにどうしても割り切れない。噛んでも噛んで も、三で十を割るごとく尽未来際方じんみらいざいかたのつく期ごはあるまいと思われた。この煩悶はんもんの 際吾輩は覚えず第二の真理に逢着ほうちゃくした。「すべての動物は直覚的に事物の適不適を予知す」真理はす でに二つまで発明したが、餅がくっ付いているので毫ごうも愉快を感じない。歯が餅の肉に吸収されて、抜ける ように痛い。早く食い切って逃げないと御三おさんが来る。小供の唱歌もやんだようだ、きっと台所へ馳かけ出 して来るに相違ない。煩悶の極きょく尻尾しっぽをぐるぐる振って見たが何等の功能もない、耳を立てたり寝か したりしたが駄目である。考えて見ると耳と尻尾しっぽは餅と何等の関係もない。要するに振り損の、立て損の 、寝かし損であると気が付いたからやめにした。ようやくの事これは前足の助けを借りて餅を払い落すに限ると 考え付いた。まず右の方をあげて口の周囲を撫なで廻す。撫なでたくらいで割り切れる訳のものではない。今度 は左ひだりの方を伸のばして口を中心として急劇に円を劃かくして見る。そんな呪まじないで魔は落ちない。辛 防しんぼうが肝心かんじんだと思って左右交かわる交がわるに動かしたがやはり依然として歯は餅の中にぶら下 っている。ええ面倒だと両足を一度に使う。すると不思議な事にこの時だけは後足あとあし二本で立つ事が出来 た。何だか猫でないような感じがする。猫であろうが、あるまいがこうなった日にゃあ構うものか、何でも餅の 魔が落ちるまでやるべしという意気込みで無茶苦茶に顔中引っ掻かき廻す。前足の運動が猛烈なのでややともす ると中心を失って倒れかかる。倒れかかるたびに後足で調子をとらなくてはならぬから、一つ所にいる訳にも行 かんので、台所中あちら、こちらと飛んで廻る。我ながらよくこんなに器用に起たっていられたものだと思う。 第三の真理が驀地ばくちに現前げんぜんする。「危きに臨のぞめば平常なし能あたわざるところのものを為なし 能う。之これを天祐てんゆうという」幸さいわいに天祐を享うけたる吾輩が一生懸命餅の魔と戦っていると、何 だか足音がして奥より人が来るような気合けわいである。ここで人に来られては大変だと思って、いよいよ躍起 やっきとなって台所をかけ廻る。足音はだんだん近付いてくる。ああ残念だが天祐が少し足りない。とうとう小 供に見付けられた。「あら猫が御雑煮を食べて踊を踊っている」と大きな声をする。この声を第一に聞きつけた のが御三である。羽根も羽子板も打ち遣やって勝手から「あらまあ」と飛込んで来る。細君は縮緬ちりめんの紋 付で「いやな猫ねえ」と仰せられる。主人さえ書斎から出て来て「この馬鹿野郎」といった。面白い面白いと云 うのは小供ばかりである。そうしてみんな申し合せたようにげらげら笑っている。腹は立つ、苦しくはある、踊 はやめる訳にゆかぬ、弱った。ようやく笑いがやみそうになったら、五つになる女の子が「御かあ様、猫も随分 ね」といったので狂瀾きょうらんを既倒きとうに何とかするという勢でまた大変笑われた。人間の同情に乏しい 実行も大分だいぶ見聞けんもんしたが、この時ほど恨うらめしく感じた事はなかった。ついに天祐もどっかへ消 え失うせて、在来の通り四よつ這ばいになって、眼を白黒するの醜態を演ずるまでに閉口した。さすが見殺しに するのも気の毒と見えて「まあ餅をとってやれ」と主人が御三に命ずる。御三はもっと踊らせようじゃありませ んかという眼付で細君を見る。細君は踊は見たいが、殺してまで見る気はないのでだまっている。「取ってやら んと死んでしまう、早くとってやれ」と主人は再び下女を顧かえりみる。御三おさんは御馳走を半分食べかけて 夢から起された時のように、気のない顔をして餅をつかんでぐいと引く。寒月かんげつ君じゃないが前歯がみん な折れるかと思った。どうも痛いの痛くないのって、餅の中へ堅く食い込んでいる歯を情なさけ容赦もなく引張 るのだからたまらない。吾輩が「すべての安楽は困苦を通過せざるべからず」と云う第四の真理を経験して、け ろけろとあたりを見廻した時には、家人はすでに奥座敷へ這入はいってしまっておった。
     こんな失敗をした時には内にいて御三なんぞに顔を見られるのも何となくばつが悪い。いっその事気を易かえ て新道の二絃琴にげんきんの御師匠さんの所とこの三毛子みけこでも訪問しようと台所から裏へ出た。三毛子は この近辺で有名な美貌家びぼうかである。吾輩は猫には相違ないが物の情なさけは一通り心得ている。うちで主 人の苦にがい顔を見たり、御三の険突けんつくを食って気分が勝すぐれん時は必ずこの異性の朋友ほうゆうの許 もとを訪問していろいろな話をする。すると、いつの間まにか心が晴々せいせいして今までの心配も苦労も何も かも忘れて、生れ変ったような心持になる。女性の影響というものは実に莫大ばくだいなものだ。杉垣の隙から 、いるかなと思って見渡すと、三毛子は正月だから首輪の新しいのをして行儀よく椽側えんがわに坐っている。 その背中の丸さ加減が言うに言われんほど美しい。曲線の美を尽している。尻尾しっぽの曲がり加減、足の折り 具合、物憂ものうげに耳をちょいちょい振る景色けしきなども到底とうてい形容が出来ん。ことによく日の当る 所に暖かそうに、品ひんよく控ひかえているものだから、身体は静粛端正の態度を有するにも関らず、天鵞毛び ろうどを欺あざむくほどの滑なめらかな満身の毛は春の光りを反射して風なきにむらむらと微動するごとくに思 われる。吾輩はしばらく恍惚こうこつとして眺ながめていたが、やがて我に帰ると同時に、低い声で「三毛子さ ん三毛子さん」といいながら前足で招いた。三毛子は「あら先生」と椽を下りる。赤い首輪につけた鈴がちゃら ちゃらと鳴る。おや正月になったら鈴までつけたな、どうもいい音ねだと感心している間まに、吾輩の傍そばに 来て「あら先生、おめでとう」と尾を左ひだりへ振る。吾等猫属ねこぞく間で御互に挨拶をするときには尾を棒 のごとく立てて、それを左りへぐるりと廻すのである。町内で吾輩を先生と呼んでくれるのはこの三毛子ばかり である。吾輩は前回断わった通りまだ名はないのであるが、教師の家うちにいるものだから三毛子だけは尊敬し て先生先生といってくれる。吾輩も先生と云われて満更まんざら悪い心持ちもしないから、はいはいと返事をし ている。「やあおめでとう、大層立派に御化粧が出来ましたね」「ええ去年の暮御師匠おししょうさんに買って 頂いたの、宜いいでしょう」とちゃらちゃら鳴らして見せる。「なるほど善い音ねですな、吾輩などは生れてか ら、そんな立派なものは見た事がないですよ」「あらいやだ、みんなぶら下げるのよ」とまたちゃらちゃら鳴ら す。「いい音ねでしょう、あたし嬉しいわ」とちゃらちゃらちゃらちゃら続け様に鳴らす。「あなたのうちの御 師匠さんは大変あなたを可愛がっていると見えますね」と吾身に引きくらべて暗あんに欣羨きんせんの意を洩も らす。三毛子は無邪気なものである「ほんとよ、まるで自分の小供のようよ」とあどけなく笑う。猫だって笑わ ないとは限らない。人間は自分よりほかに笑えるものが無いように思っているのは間違いである。吾輩が笑うの は鼻の孔あなを三角にして咽喉仏のどぼとけを震動させて笑うのだから人間にはわからぬはずである。「一体あ なたの所とこの御主人は何ですか」「あら御主人だって、妙なのね。御師匠おししょうさんだわ。二絃琴にげん きんの御師匠さんよ」「それは吾輩も知っていますがね。その御身分は何なんです。いずれ昔むかしは立派な方 なんでしょうな」「ええ」
    君を待つ間まの姫小松……………
     障子の内で御師匠さんが二絃琴を弾ひき出す。「宜いい声でしょう」と三毛子は自慢する。「宜いいようだが 、吾輩にはよくわからん。全体何というものですか」「あれ? あれは何とかってものよ。御師匠さんはあれが 大好きなの。……御師匠さんはあれで六十二よ。随分丈夫だわね」六十二で生きているくらいだから丈夫と云わ ねばなるまい。吾輩は「はあ」と返事をした。少し間まが抜けたようだが別に名答も出て来なかったから仕方が ない。「あれでも、もとは身分が大変好かったんだって。いつでもそうおっしゃるの」「へえ元は何だったんで す」「何でも天璋院てんしょういん様の御祐筆ごゆうひつの妹の御嫁に行った先さきの御おっかさんの甥おいの 娘なんだって」「何ですって?」「あの天璋院様の御祐筆の妹の御嫁にいった……」「なるほど。少し待って下 さい。天璋院様の妹の御祐筆の……」「あらそうじゃないの、天璋院様の御祐筆の妹の……」「よろしい分りま した天璋院様のでしょう」「ええ」「御祐筆のでしょう」「そうよ」「御嫁に行った」「妹の御嫁に行ったです よ」「そうそう間違った。妹の御嫁に入いった先きの」「御っかさんの甥の娘なんですとさ」「御っかさんの甥 の娘なんですか」「ええ。分ったでしょう」「いいえ。何だか混雑して要領を得ないですよ。詰つまるところ天 璋院様の何になるんですか」「あなたもよっぽど分らないのね。だから天璋院様の御祐筆の妹の御嫁に行った先 きの御っかさんの甥の娘なんだって、先さっきっから言ってるんじゃありませんか」「それはすっかり分ってい るんですがね」「それが分りさえすればいいんでしょう」「ええ」と仕方がないから降参をした。吾々は時とす ると理詰の虚言うそを吐つかねばならぬ事がある。
     障子の中うちで二絃琴の音ねがぱったりやむと、御師匠さんの声で「三毛や三毛や御飯だよ」と呼ぶ。三毛子 は嬉しそうに「あら御師匠さんが呼んでいらっしゃるから、私あたし帰るわ、よくって?」わるいと云ったって 仕方がない。「それじゃまた遊びにいらっしゃい」と鈴をちゃらちゃら鳴らして庭先までかけて行ったが急に戻 って来て「あなた大変色が悪くってよ。どうかしやしなくって」と心配そうに問いかける。まさか雑煮ぞうにを 食って踊りを踊ったとも云われないから「何別段の事もありませんが、少し考え事をしたら頭痛がしてね。あな たと話しでもしたら直るだろうと思って実は出掛けて来たのですよ」「そう。御大事になさいまし。さようなら 」少しは名残なごり惜し気に見えた。これで雑煮の元気もさっぱりと回復した。いい心持になった。帰りに例の 茶園ちゃえんを通り抜けようと思って霜柱しもばしらの融とけかかったのを踏みつけながら建仁寺けんにんじの 崩くずれから顔を出すとまた車屋の黒が枯菊の上に背せを山にして欠伸あくびをしている。近頃は黒を見て恐怖 するような吾輩ではないが、話しをされると面倒だから知らぬ顔をして行き過ぎようとした。黒の性質として他 ひとが己おのれを軽侮けいぶしたと認むるや否や決して黙っていない。「おい、名なしの権兵衛ごんべえ、近頃 じゃ乙おつう高く留ってるじゃあねえか。いくら教師の飯を食ったって、そんな高慢ちきな面つらあするねえ。 人ひとつけ面白くもねえ」黒は吾輩の有名になったのを、まだ知らんと見える。説明してやりたいが到底とうて い分る奴ではないから、まず一応の挨拶をして出来得る限り早く御免蒙ごめんこうむるに若しくはないと決心し た。「いや黒君おめでとう。不相変あいかわらず元気がいいね」と尻尾しっぽを立てて左へくるりと廻わす。黒 は尻尾を立てたぎり挨拶もしない。「何おめでてえ? 正月でおめでたけりゃ、御めえなんざあ年が年中おめで てえ方だろう。気をつけろい、この吹ふい子ごの向むこう面づらめ」吹い子の向うづらという句は罵詈ばりの言 語であるようだが、吾輩には了解が出来なかった。「ちょっと伺うかがうが吹い子の向うづらと云うのはどう云 う意味かね」「へん、手めえが悪体あくたいをつかれてる癖に、その訳わけを聞きゃ世話あねえ、だから正月野 郎だって事よ」正月野郎は詩的であるが、その意味に至ると吹い子の何とかよりも一層不明瞭な文句である。参 考のためちょっと聞いておきたいが、聞いたって明瞭な答弁は得られぬに極きまっているから、面めんと対むか ったまま無言で立っておった。いささか手持無沙汰の体ていである。すると突然黒のうちの神かみさんが大きな 声を張り揚げて「おや棚へ上げて置いた鮭しゃけがない。大変だ。またあの黒の畜生ちきしょうが取ったんだよ 。ほんとに憎らしい猫だっちゃありゃあしない。今に帰って来たら、どうするか見ていやがれ」と怒鳴どなる。 初春はつはるの長閑のどかな空気を無遠慮に震動させて、枝を鳴らさぬ君が御代みよを大おおいに俗了ぞくりょ うしてしまう。黒は怒鳴るなら、怒鳴りたいだけ怒鳴っていろと云わぬばかりに横着な顔をして、四角な顋あご を前へ出しながら、あれを聞いたかと合図をする。今までは黒との応対で気がつかなかったが、見ると彼の足の 下には一切れ二銭三厘に相当する鮭の骨が泥だらけになって転がっている。「君不相変あいかわらずやってるな 」と今までの行き掛りは忘れて、つい感投詞を奉呈した。黒はそのくらいな事ではなかなか機嫌を直さない。「 何がやってるでえ、この野郎。しゃけの一切や二切で相変らずたあ何だ。人を見縊みくびった事をいうねえ。憚 はばかりながら車屋の黒だあ」と腕まくりの代りに右の前足を逆さかに肩の辺へんまで掻かき上げた。「君が黒 君だと云う事は、始めから知ってるさ」「知ってるのに、相変らずやってるたあ何だ。何だてえ事よ」と熱いの を頻しきりに吹き懸ける。人間なら胸倉むなぐらをとられて小突き廻されるところである。少々辟易へきえきし て内心困った事になったなと思っていると、再び例の神さんの大声が聞える。「ちょいと西川さん、おい西川さ んてば、用があるんだよこの人あ。牛肉を一斤きんすぐ持って来るんだよ。いいかい、分ったかい、牛肉の堅く ないところを一斤だよ」と牛肉注文の声が四隣しりんの寂寞せきばくを破る。「へん年に一遍牛肉を誂あつらえ ると思って、いやに大きな声を出しゃあがらあ。牛肉一斤が隣り近所へ自慢なんだから始末に終えねえ阿魔あま だ」と黒は嘲あざけりながら四つ足を踏張ふんばる。吾輩は挨拶のしようもないから黙って見ている。「一斤く らいじゃあ、承知が出来ねえんだが、仕方がねえ、いいから取っときゃ、今に食ってやらあ」と自分のために誂 あつらえたもののごとくいう。「今度は本当の御馳走だ。結構結構」と吾輩はなるべく彼を帰そうとする。「御 めっちの知った事じゃねえ。黙っていろ。うるせえや」と云いながら突然後足あとあしで霜柱しもばしらの崩く ずれた奴を吾輩の頭へばさりと浴あびせ掛ける。吾輩が驚ろいて、からだの泥を払っている間まに黒は垣根を潜 くぐって、どこかへ姿を隠した。大方西川の牛ぎゅうを覘ねらいに行ったものであろう。

  10. #10
    Take the fcking keys away baseline bum's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Mar 2003
    Post Count
    94,486













































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































  11. #11
    Take the fcking keys away baseline bum's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Mar 2003
    Post Count
    94,486











































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































Thread Information

Users Browsing this Thread

There are currently 1 users browsing this thread. (0 members and 1 guests)

Posting Permissions

  • You may not post new threads
  • You may not post replies
  • You may not post attachments
  • You may not edit your posts
  •