Results 1 to 6 of 6
  1. #1
    W4A1 143 43CK? Nbadan's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Nov 2001
    Post Count
    32,408
    When i find time from reading charts I will try to introduce new crypto projects to the forum worth looking at, but at always, this is not investment advice and this thread is for entertainment and information only.

    So what is flow?

    #Flow is a fast, decentralized, and developer-friendly blockchain, designed as the foundation for a new generation of games, apps, and the digital assets that power them. It is based on a unique, multi-role architecture, and designed to scale without sharding, allowing for massive improvements in speed and throughput while preserving a developer-friendly, ACID-compliant environment

    What makes Flow unique

    Multi-role architecture: Flow's node architecture allows the network to scale to serve billions of users without sharding or reducing the decentralization of consensus.

    Resource-oriented programming
    : Smart contracts on Flow are written in Cadence, an easier and safer programming language for crypto assets and apps.

    Developer ergonomics: This network is designed to maximize developer productivity. Examples range from upgradeable smart contracts and built-in logging support to the Flow Emulator.

    Consumer onboarding: Flow was designed for mainstream consumers, with payment onramps catalyzing a safe and low-friction path from fiat to crypto.


    Dapp Development

    The development guide covers the Flow core concepts, including:

    Dapp Client: The dapp client is the interface through which users interact with your dapp. Web and mobile applications are typical examples of dapp clients.

    Smart Contract: A smart contract is a collection of code deployed to a permanent location on the blockchain that defines the core logic for a dapp.

    User Account:
    A user account is a record on the blockchain that stores the digital assets owned by a single user.

    Transaction: A transaction is a code submitted to the blockchain that mutates the state of one or more user accounts and smart contracts.

    User Wallet: A user wallet is software or hardware that controls access to a user's account on the blockchain.

    State Query: A state query is a request made to the blockchain that returns information about the state of your dapp's smart contracts.

    Flow Client Library (FCL): The Flow Client Library is a framework that provides a standard interface to connect client applications and user wallets.

    Core Contracts

    The Flow blockchain implements core functionality using its own smart contract language, Cadence. The core functionality is split into a set of contracts, so-called core contracts:

    Fungible Token: The FungibleToken contract implements the Fungible Token Standard. It is the second contract ever deployed on Flow.

    Flow Token: The FlowToken contract defines the FLOW network token.

    Flow Fees: The FlowFees contract is where all the collected flow fees are gathered.

    Service Account: tracks transaction fees and deployment permissions and provides convenient methods for Flow Token operations.

    Staking Table:
    The FlowIDTableStaking contract is the central table that manages staked nodes, delegation, and rewards.

    Epoch Contract: The FlowEpoch contract is the state machine that manages Epoch phases and emits service events.

    FLOW Token

    The FLOW token is the native currency for the Flow network. Developers and users can use FLOW to transact on the network. Developers can integrate FLOW directly into their apps for peer-to-peer payments, service charges, or consumer rewards. Flow can be held, transferred, or transacted peer-to-peer.

  2. #2
    W4A1 143 43CK? Nbadan's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Nov 2001
    Post Count
    32,408
    How Does Flow Work?

    If you are familiar with how blockchains operate, then you know that they are generally made up of nodes that store the entire state of the currency’s history and verify all transactions.

    Flow, by contrast, aims to create many subdivisions of its network to allow for the total work to be split across nodes, with each node only validating a subset of the transactions.

    Architecture

    To do this, the Flow blockchain employs a multi-node, multi-role architecture.

    Put another way, Flow has divided the validation stages of a transaction into four different categories, dividing the responsibilities of each node:

    Collection Nodes – Enhance network connectivity and data availability for dapps

    Consensus Nodes – Decide the presence and order of transactions

    Execution Nodes – Perform computation associated with each transaction. These nodes do not have any decision making powers

    Verification Nodes – Double check the work done by the Execution Nodes.

    Flow’s creators argue this level of specialization allows each node to participate in the validation of every transaction, while splitting tasks to increase efficiency.

  3. #3
    W4A1 143 43CK? Nbadan's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Nov 2001
    Post Count
    32,408
    The Flow team has created a website as a learning tool for developers who have never built blockchain applications to familiarize themselves with Cadence.

    Another unique feature of the Flow blockchain is that developers can release their dapp in beta, while updating the code as problems arise. Users will be alerted to these changes as they are interacting with the software.

    Once the authors submit the final version of the code, it then becomes immutable, meaning that it cannot be changed again.
    if you are a developer and would like to try the Flow cadence..
    https://play.flow.com/

  4. #4
    W4A1 143 43CK? Nbadan's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Nov 2001
    Post Count
    32,408
    Introduction to all 500 flow network projects: https://www.flowverse.co/

  5. #5
    Take the fcking keys away baseline bum's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Mar 2003
    Post Count
    93,728
    いつになく出が真面目だと主人が思う。迷亭先生の手紙に真面目なのはほとんどないので、この間などは「其後 そのご別に恋着れんちゃくせる婦人も無之これなく、いず方かたより艶書えんしょも参らず、先まず先まず無事 に消光罷まかり在り候そろ間、乍憚はばかりながら御休心可被下候くださるべくそろ」と云うのが来たくらいで ある。それに較くらべるとこの年始状は例外にも世間的である。
    「一寸参堂仕り度たく候えども、大兄の消極主義に反して、出来得る限り積極的方針を以もって、此千古未曾有 みぞうの新年を迎うる計画故、毎日毎日目の廻る程の多忙、御推察願上候そろ……」
     なるほどあの男の事だから正月は遊び廻るのに忙がしいに違いないと、主人は腹の中で迷亭君に 同意する。
    「昨日は一刻のひまを偸ぬすみ、東風子にトチメンボーの御馳走ごちそうを致さんと存じ候処そろところ、生憎 あいにく材料払底の為ため其意を果さず、遺憾いかん千万に存候ぞんじそろ。……」
     そろそろ例の通りになって来たと主人は無言で微笑する。
    「明日は某男爵の歌留多会かるたかい、明後日は審美学協会の新年宴会、其明日は鳥部教授歓迎会、其又明日は ……」
     うるさいなと、主人は読みとばす。
    「右の如く謡曲会、俳句会、短歌会、新体詩会等、会の連発にて当分の間は、のべつ幕無しに出勤致し候そろ為 め、不得已やむをえず賀状を以て拝趨はいすうの礼に易かえ候段そろだん不悪あしからず御宥恕ごゆうじょ被下 度候くだされたくそろ。……」
     別段くるにも及ばんさと、主人は手紙に返事をする。
    「今度御光来の節は久し振りにて晩餐でも供し度たき心得に御座候そろ。寒厨かんちゅう何の珍味も無之候これ なくそうらえども、せめてはトチメンボーでもと只今より心掛居候おりそろ。……」
     まだトチメンボーを振り廻している。失敬なと主人はちょっとむっとする。
    「然しかしトチメンボーは近頃材料払底の為め、ことに依ると間に合い兼候かねそろも計りがたきにつき、其節 は孔雀くじゃくの舌したでも御風味に入れ可申候もうすべくそろ。……」
     両天秤りょうてんびんをかけたなと主人は、あとが読みたくなる。
    「御承知の通り孔雀一羽につき、舌肉の分量は小指の半なかばにも足らぬ程故健啖けんたんなる大兄の胃嚢いぶ くろを充みたす為には……」
     うそをつけと主人は打ち遣やったようにいう。
    「是非共二三十羽の孔雀を捕獲致さざる可べからずと存候ぞんじそろ。然る所孔雀は動物園、浅草花屋敷等には 、ちらほら見受け候えども、普通の鳥屋抔などには一向いっこう見当り不申もうさず、苦心くしん此事このこと に御座候そろ。……」
     独りで勝手に苦心しているのじゃないかと主人は毫ごうも感謝の意を表しない。
    「此孔雀の舌の料理は往昔おうせき羅馬ローマ全盛の砌みぎり、一時非常に流行致し候そろものにて、豪奢ごう しゃ風流の極度と平生よりひそかに食指しょくしを動かし居候おりそろ次第御諒察ごりょうさつ可被下候くださ るべくそろ。……」
     何が御諒察だ、馬鹿なと主人はすこぶる冷淡である。
    「降くだって十六七世紀の頃迄は全欧を通じて孔雀は宴席に欠くべからざる好味と相成居候あいなりおりそろ。 レスター伯がエリザベス女皇じょこうをケニルウォースに招待致し候節そろせつも慥たしか孔雀を使用致し候様 そろよう記憶致候いたしそろ。有名なるレンブラントが画えがき候そろ饗宴の図にも孔雀が尾を広げたる儘まま 卓上に横よこたわり居り候そろ……」
     孔雀の料理史をかくくらいなら、そんなに多忙でもなさそうだと不平をこぼす。
    「とにかく近頃の如く御馳走の食べ続けにては、さすがの小生も遠からぬうちに大兄の如く胃弱と相成あいなる は必定ひつじょう……」
     大兄のごとくは余計だ。何も僕を胃弱の標準にしなくても済むと主人はつぶやいた。
    「歴史家の説によれば羅馬人ローマじんは日に二度三度も宴会を開き候由そろよし。日に二度も三度も方丈ほう じょうの食饌しょくせんに就き候えば如何なる健胃の人にても消化機能に不調を醸かもすべく、従って自然は大 兄の如く……」
     また大兄のごとくか、失敬な。
    「然しかるに贅沢ぜいたくと衛生とを両立せしめんと研究を尽したる彼等は不相当に多量の滋味を貪むさぼると 同時に胃腸を常態に保持するの必要を認め、ここに一の秘法を案出致し候そろ……」
     はてねと主人は急に熱心になる。
    「彼等は食後必ず入浴致候いたしそろ。入浴後一種の方法によりて浴前よくぜんに嚥下えんかせるものを悉こと ごとく嘔吐おうとし、胃内を掃除致し候そろ。胃内廓清いないかくせいの功を奏したる後のち又食卓に就つき、 飽あく迄珍味を風好ふうこうし、風好し了おわれば又湯に入りて之これを吐出としゅつ致候いたしそろ。かくの 如くすれば好物は貪むさぼり次第貪り候そうろうも毫ごうも内臓の諸機関に障害を生ぜず、一挙両得とは此等の 事を可申もうすべきかと愚考致候いたしそろ……」
     なるほど一挙両得に相違ない。主人は羨うらやましそうな顔をする。
    「廿世紀の今日こんにち交通の頻繁ひんぱん、宴会の増加は申す迄もなく、軍国多事征露の第二年とも相成候折 柄そろおりから、吾人戦勝国の国民は、是非共羅馬ローマ人に傚ならって此入浴嘔吐の術を研究せざるべからざ る機会に到着致し候そろ事と自信致候いたしそろ。左さもなくば切角せっかくの大国民も近き将来に於て悉こと ごとく大兄の如く胃病患者と相成る事と窃ひそかに心痛罷まかりあり候そろ……」
     また大兄のごとくか、癪しゃくに障さわる男だと主人が思う。
    「此際吾人西洋の事情に通ずる者が古史伝説を考究し、既に廃絶せる秘法を発見し、之を明治の社会に応用致し 候わば所謂いわば禍わざわいを未萌みほうに防ぐの功徳くどくにも相成り平素逸楽いつらくを擅ほしいままに致 し候そろ御恩返も相立ち可申もうすべくと存候ぞんじそろ……」
     何だか妙だなと首を捻ひねる。
    「依よって此間中じゅうよりギボン、モンセン、スミス等諸家の著述を渉猟しょうりょう致し居候おりそうらえ ども未いまだに発見の端緒たんしょをも見出みいだし得ざるは残念の至に存候ぞんじそろ。然し御存じの如く小 生は一度思い立ち候事そろことは成功するまでは決して中絶仕つかまつらざる性質に候えば嘔吐方おうとほうを 再興致し候そろも遠からぬうちと信じ居り候そろ次第。右は発見次第御報道可仕候つかまつるべくそろにつき、 左様御承知可被下候くださるべくそろ。就ついてはさきに申上候そろトチメンボー及び孔雀の舌の御馳走も可相 成あいなるべくは右発見後に致し度たく、左さすれば小生の都合は勿論もちろん、既に胃弱に悩み居らるる大兄 の為にも御便宜ごべんぎかと存候ぞんじそろ草々不備」
     何だとうとう担かつがれたのか、あまり書き方が真面目だものだからつい仕舞しまいまで本気にして読んでい た。新年匆々そうそうこんな悪戯いたずらをやる迷亭はよっぽどひま人だなあと主人は笑いながら 云った。
     それから四五日は別段の事もなく過ぎ去った。白磁はくじの水仙がだんだん凋しぼんで、青軸あおじくの梅が 瓶びんながらだんだん開きかかるのを眺め暮らしてばかりいてもつまらんと思って、一両度いちりょうど三毛子 を訪問して見たが逢あわれない。最初は留守だと思ったが、二返目へんめには病気で寝ているという事が知れた 。障子の中で例の御師匠さんと下女が話しをしているのを手水鉢ちょうずばちの葉蘭の影に隠れて聞いていると こうであった。
    「三毛は御飯をたべるかい」「いいえ今朝からまだ何なんにも食べません、あったかにして御火燵おこたに寝か しておきました」何だか猫らしくない。まるで人間の取扱を受けている。
     一方では自分の境遇と比べて見て羨うらやましくもあるが、一方では己おのが愛している猫がかくまで厚遇を 受けていると思えば嬉しくもある。
    「どうも困るね、御飯をたべないと、身体からだが疲れるばかりだからね」「そうでございますとも、私共でさ え一日御※(「飮のへん+善」、第4水準2-92-71)ごぜんをいただかないと、明くる日はとても働けませんもの」
     下女は自分より猫の方が上等な動物であるような返事をする。実際この家うちでは下女より猫の方が大切かも 知れない。
    「御医者様へ連れて行ったのかい」「ええ、あの御医者はよっぽど妙でございますよ。私が三毛をだいて診察場 へ行くと、風邪かぜでも引いたのかって私の脈みゃくをとろうとするんでしょう。いえ病人は私ではございませ ん。これですって三毛を膝の上へ直したら、にやにや笑いながら、猫の病気はわしにも分らん、抛ほうっておい たら今に癒なおるだろうってんですもの、あんまり苛ひどいじゃございませんか。腹が立ったから、それじゃ見 ていただかなくってもようございますこれでも大事の猫なんですって、三毛を懐ふところへ入れてさっさと帰っ て参りました」「ほんにねえ」
    「ほんにねえ」は到底とうてい吾輩のうちなどで聞かれる言葉ではない。やはり天璋院てんしょういん様の何と かの何とかでなくては使えない、はなはだ雅がであると感心した。
    「何だかしくしく云うようだが……」「ええきっと風邪を引いて咽喉のどが痛むんでございますよ。風邪を引く と、どなたでも御咳おせきが出ますからね……」
     天璋院様の何とかの何とかの下女だけに馬鹿叮嚀ていねいな言葉を使う。
    「それに近頃は肺病とか云うものが出来てのう」「ほんとにこの頃のように肺病だのペストだのって新しい病気 ばかり殖ふえた日にゃ油断も隙もなりゃしませんのでございますよ」「旧幕時代に無い者に碌ろくな者はないか ら御前も気をつけないといかんよ」「そうでございましょうかねえ」
     下女は大おおいに感動している。
    「風邪かぜを引くといってもあまり出あるきもしないようだったに……」「いえね、あなた、それが近頃は悪い 友達が出来ましてね」
     下女は国事の秘密でも語る時のように大得意である。
    「悪い友達?」「ええあの表通りの教師の所とこにいる薄ぎたない雄猫おねこでございますよ」「教師と云うの は、あの毎朝無作法な声を出す人かえ」「ええ顔を洗うたんびに鵝鳥がちょうが絞しめ殺されるような声を出す 人でござんす」
     鵝鳥が絞め殺されるような声はうまい形容である。吾輩の主人は毎朝風呂場で含嗽うがいをやる時、楊枝よう じで咽喉のどをつっ突いて妙な声を無遠慮に出す癖がある。機嫌の悪い時はやけにがあがあやる、機嫌の好い時 は元気づいてなおがあがあやる。つまり機嫌のいい時も悪い時も休みなく勢よくがあがあやる。細君の話しでは ここへ引越す前まではこんな癖はなかったそうだが、ある時ふとやり出してから今日きょうまで一日もやめた事 がないという。ちょっと厄介な癖であるが、なぜこんな事を根気よく続けているのか吾等猫などには到底とうて い想像もつかん。それもまず善いとして「薄ぎたない猫」とは随分酷評をやるものだとなお耳を立ててあとを聞 く。
    「あんな声を出して何の呪まじないになるか知らん。御維新前ごいっしんまえは中間ちゅうげんでも草履ぞうり 取りでも相応の作法は心得たもので、屋敷町などで、あんな顔の洗い方をするものは一人もおらなかったよ」「 そうでございましょうともねえ」
     下女は無暗むやみに感服しては、無暗にねえを使用する。
    「あんな主人を持っている猫だから、どうせ野良猫のらねこさ、今度来たら少し叩たたいておやり」「叩いてや りますとも、三毛の病気になったのも全くあいつの御蔭に相違ございませんもの、きっと讐かたきをとってやり ます」
     飛んだ冤罪えんざいを蒙こうむったものだ。こいつは滅多めったに近ちか寄よれないと三毛子にはとうとう逢 わずに帰った。
     帰って見ると主人は書斎の中うちで何か沈吟ちんぎんの体ていで筆を執とっている。二絃琴にげんきんの御師 匠さんの所とこで聞いた評判を話したら、さぞ怒おこるだろうが、知らぬが仏とやらで、うんうん云いながら神 聖な詩人になりすましている。
     ところへ当分多忙で行かれないと云って、わざわざ年始状をよこした迷亭君が飄然ひょうぜんとやって来る。 「何か新体詩でも作っているのかね。面白いのが出来たら見せたまえ」と云う。「うん、ちょっとうまい文章だ と思ったから今翻訳して見ようと思ってね」と主人は重たそうに口を開く。「文章? 誰だれの文章だい」「誰 れのか分らんよ」「無名氏か、無名氏の作にも随分善いのがあるからなかなか馬鹿に出来ない。全体どこにあっ たのか」と問う。「第二読本」と主人は落ちつきはらって答える。「第二読本? 第二読本がどうしたんだ」「 僕の翻訳している名文と云うのは第二読本の中うちにあると云う事さ」「冗談じょうだんじゃない。孔雀の舌の 讐かたきを際きわどいところで討とうと云う寸法なんだろう」「僕は君のような法螺吹ほらふきとは違うさ」と 口髯くちひげを捻ひねる。泰然たるものだ。「昔むかしある人が山陽に、先生近頃名文はござらぬかといったら 、山陽が馬子まごの書いた借金の催促状を示して近来の名文はまずこれでしょうと云ったという話があるから、 君の審美眼も存外たしかかも知れん。どれ読んで見給え、僕が批評してやるから」と迷亭先生は審美眼の本家ほ んけのような事を云う。主人は禅坊主が大燈国師だいとうこくしの遺誡ゆいかいを読むような声を出して読み始 める。「巨人きょじん、引力いんりょく」「何だいその巨人引力と云うのは」「巨人引力と云う題さ」「妙な題 だな、僕には意味がわからんね」「引力と云う名を持っている巨人というつもりさ」「少し無理なつもりだが表 題だからまず負けておくとしよう。それから早々そうそう本文を読むさ、君は声が善いからなかなか面白い」「 雑まぜかえしてはいかんよ」と予あらかじめ念を押してまた読み始める。
    ケートは窓から外面そとを眺ながめる。小児しょうにが球たまを投げて遊んでいる。彼等は高く球を空中に擲な げうつ。球は上へ上へとのぼる。しばらくすると落ちて来る。彼等はまた球を高く擲つ。再び三度。擲つたびに 球は落ちてくる。なぜ落ちるのか、なぜ上へ上へとのみのぼらぬかとケートが聞く。「巨人が地中に住む故に」 と母が答える。「彼は巨人引力である。彼は強い。彼は万物を己おのれの方へと引く。彼は家屋を地上に引く。 引かねば飛んでしまう。小児も飛んでしまう。葉が落ちるのを見たろう。あれは巨人引力が呼ぶのである。本を 落す事があろう。巨人引力が来いというからである。球が空にあがる。巨人引力は呼ぶ。呼ぶと落 ちてくる」
    「それぎりかい」「むむ、甘うまいじゃないか」「いやこれは恐れ入った。飛んだところでトチメンボーの御返 礼に預あずかった」「御返礼でもなんでもないさ、実際うまいから訳して見たのさ、君はそう思わんかね」と金 縁の眼鏡の奥を見る。「どうも驚ろいたね。君にしてこの伎倆ぎりょうあらんとは、全く此度こんどという今度 こんどは担かつがれたよ、降参降参」と一人で承知して一人で喋舌しゃべる。主人には一向いっこう通じない。 「何も君を降参させる考えはないさ。ただ面白い文章だと思ったから訳して見たばかりさ」「いや実に面白い。 そう来なくっちゃ本ものでない。凄すごいものだ。恐縮だ」「そんなに恐縮するには及ばん。僕も近頃は水彩画 をやめたから、その代りに文章でもやろうと思ってね」「どうして遠近えんきん無差別むさべつ黒白こくびゃく 平等びょうどうの水彩画の比じゃない。感服の至りだよ」「そうほめてくれると僕も乗り気になる」と主人はあ くまでも疳違かんちがいをしている。
     ところへ寒月かんげつ君が先日は失礼しましたと這入はいって来る。「いや失敬。今大変な名文を拝聴してト チメンボーの亡魂を退治たいじられたところで」と迷亭先生は訳のわからぬ事をほのめかす。「はあ、そうです か」とこれも訳の分らぬ挨拶をする。主人だけは左さのみ浮かれた気色けしきもない。「先日は君の紹介で越智 東風おちとうふうと云う人が来たよ」「ああ上あがりましたか、あの越智東風おちこちと云う男は至って正直な 男ですが少し変っているところがあるので、あるいは御迷惑かと思いましたが、是非紹介してくれというもので すから……」「別に迷惑の事もないがね……」「こちらへ上あがっても自分の姓名のことについて何か弁じて行 きゃしませんか」「いいえ、そんな話もなかったようだ」「そうですか、どこへ行っても初対面の人には自分の 名前の講釈こうしゃくをするのが癖でしてね」「どんな講釈をするんだい」と事あれかしと待ち構えた迷亭君は 口を入れる。「あの東風こちと云うのを音おんで読まれると大変気にするので」「はてね」と迷亭先生は金唐皮 きんからかわの煙草入たばこいれから煙草をつまみ出す。「私わたくしの名は越智東風おちとうふうではありま せん、越智おちこちですと必ず断りますよ」「妙だね」と雲井くもいを腹の底まで呑のみ込む。「それが全く文 学熱から来たので、こちと読むと遠近と云う成語せいごになる、のみならずその姓名が韻いんを踏んでいると云 うのが得意なんです。それだから東風こちを音おんで読むと僕がせっかくの苦心を人が買ってくれないといって 不平を云うのです」「こりゃなるほど変ってる」と迷亭先生は図に乗って腹の底から雲井を鼻の孔あなまで吐き 返す。途中で煙が戸迷とまどいをして咽喉のどの出口へ引きかかる。先生は煙管きせるを握ってごほんごほんと 咽むせび返る。「先日来た時は朗読会で船頭になって女学生に笑われたといっていたよ」と主人は笑いながら云 う。「うむそれそれ」と迷亭先生が煙管きせるで膝頭ひざがしらを叩たたく。吾輩は険呑けんのんになったから 少し傍そばを離れる。「その朗読会さ。せんだってトチメンボーを御馳走した時にね。その話しが出たよ。何で も第二回には知名の文士を招待して大会をやるつもりだから、先生にも是非御臨席を願いたいって。それから僕 が今度も近松の世話物をやるつもりかいと聞くと、いえこの次はずっと新しい者を撰えらんで金色夜叉こんじき やしゃにしましたと云うから、君にゃ何の役が当ってるかと聞いたら私は御宮おみやですといったのさ。東風と うふうの御宮は面白かろう。僕は是非出席して喝采かっさいしようと思ってるよ」「面白いでしょう」と寒月君 が妙な笑い方をする。「しかしあの男はどこまでも誠実で軽薄なところがないから好い。迷亭などとは大違いだ 」と主人はアンドレア・デル・サルトと孔雀くじゃくの舌とトチメンボーの復讐かたきを一度にとる。迷亭君は 気にも留めない様子で「どうせ僕などは行徳ぎょうとくの俎まないたと云う格だからなあ」と笑う。「まずそん なところだろう」と主人が云う。実は行徳の俎と云う語を主人は解かいさないのであるが、さすが永年教師をし て胡魔化ごまかしつけているものだから、こんな時には教場の経験を社交上にも応用するのである。「行徳の俎 というのは何の事ですか」と寒月が真率しんそつに聞く。主人は床の方を見て「あの水仙は暮に僕が風呂の帰り がけに買って来て挿さしたのだが、よく持つじゃないか」と行徳の俎を無理にねじ伏せる。「暮といえば、去年 の暮に僕は実に不思議な経験をしたよ」と迷亭が煙管きせるを大神楽だいかぐらのごとく指の尖さきで廻わす。 「どんな経験か、聞かし玉たまえ」と主人は行徳の俎を遠く後うしろに見捨てた気で、ほっと息をつく。迷亭先 生の不思議な経験というのを聞くと左さのごとくである。
    「たしか暮の二十七日と記憶しているがね。例の東風とうふうから参堂の上是非文芸上の御高話を伺いたいから 御在宿を願うと云う先さき触ぶれがあったので、朝から心待ちに待っていると先生なかなか来ないやね。昼飯を 食ってストーブの前でバリー・ペーンの滑稽物こっけいものを読んでいるところへ静岡の母から手紙が来たから 見ると、年寄だけにいつまでも僕を小供のように思ってね。寒中は夜間外出をするなとか、冷水浴もいいがスト ーブを焚たいて室へやを煖あたたかにしてやらないと風邪かぜを引くとかいろいろの注意があるのさ。なるほど 親はありがたいものだ、他人ではとてもこうはいかないと、呑気のんきな僕もその時だけは大おおいに感動した 。それにつけても、こんなにのらくらしていては勿体もったいない。何か大著述でもして家名を揚げなくてはな らん。母の生きているうちに天下をして明治の文壇に迷亭先生あるを知らしめたいと云う気になった。それから なお読んで行くと御前なんぞは実に仕合せ者だ。露西亜ロシアと戦争が始まって若い人達は大変な辛苦しんくを して御国みくにのために働らいているのに節季師走せっきしわすでもお正月のように気楽に遊んでいると書いて ある。――僕はこれでも母の思ってるように遊んじゃいないやね――そのあとへ以もって来て、僕の小学校時代 の朋友ほうゆうで今度の戦争に出て死んだり負傷したものの名前が列挙してあるのさ。その名前を一々読んだ時 には何だか世の中が味気あじきなくなって人間もつまらないと云う気が起ったよ。一番仕舞しまいにね。私わた しも取る年に候えば初春はつはるの御雑煮おぞうにを祝い候も今度限りかと……何だか心細い事が書いてあるん で、なおのこと気がくさくさしてしまって早く東風とうふうが来れば好いと思ったが、先生どうしても来ない。 そのうちとうとう晩飯になったから、母へ返事でも書こうと思ってちょいと十二三行かいた。母の手紙は六尺以 上もあるのだが僕にはとてもそんな芸は出来んから、いつでも十行内外で御免蒙こうむる事に極きめてあるのさ 。すると一日動かずにおったものだから、胃の具合が妙で苦しい。東風が来たら待たせておけと云う気になって 、郵便を入れながら散歩に出掛けたと思い給え。いつになく富士見町の方へは足が向かないで土手どて三番町さ んばんちょうの方へ我れ知らず出てしまった。ちょうどその晩は少し曇って、から風が御濠おほりの向むこうか ら吹き付ける、非常に寒い。神楽坂かぐらざかの方から汽車がヒューと鳴って土手下を通り過ぎる。大変淋さみ しい感じがする。暮、戦死、老衰、無常迅速などと云う奴が頭の中をぐるぐる馳かけ廻めぐる。よく人が首を縊 くくると云うがこんな時にふと誘われて死ぬ気になるのじゃないかと思い出す。ちょいと首を上げて土手の上を 見ると、いつの間まにか例の松の真下ましたに来ているのさ」
    「例の松た、何だい」と主人が断句だんくを投げ入れる。
    「首懸くびかけの松さ」と迷亭は領えりを縮める。

  6. #6
    Take the fcking keys away baseline bum's Avatar
    My Team
    San Antonio Spurs
    Join Date
    Mar 2003
    Post Count
    93,728













































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































Thread Information

Users Browsing this Thread

There are currently 1 users browsing this thread. (0 members and 1 guests)

Posting Permissions

  • You may not post new threads
  • You may not post replies
  • You may not post attachments
  • You may not edit your posts
  •